05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

SONGLIM-松林

2012/05/16

ブリュッセルで韓国料理といえば、日本人の方に馴染みなのは「ソウル」ですが、ここのマダムから伺っていた新店舗がオープンしたということで行って参りました。

新しいレストラン「SONGLIM」は閑静なヴィラが連なっているKeerbergenの真ん中にあります。

Keerbergenといえばゴルフ場があり、以前この近辺で家探しをしていた時に見に行った売り家は、庭から直接グリーンに出られるという、有り難いのか有り難くないのかよくわからない物件でした。
他にもこの近くの池に面した友人宅は、こちらもまた庭から直接池に出ることが出来、パーティーに行くとジェットスキーやボートを楽しんだり、とちょっと変わった物件が多いのも特徴です。

新しいレストランはブリュッセルとは全く違い、ベルギー・フレンチレストランと言われれば信じてしまうほど、かなりシックなベルギー的内装です。
こちらの店舗では日本人シェフによる日本食も供していて、三辰や和太郎でも働いていらっしゃったというシェフの作る日本食は、本当の日本食。

シャンパンを頂いた後は、
突き出し(あ、もう一個写真忘れた、、、)、
久々の貝ウマウマ

お寿司や
トロウマウマ
ビビンバウマウマ

石焼ビビンバ、その他に、焼き鳥、ブルコギ、天ぷら、カキフライ、カリフォルニアロールなどをシェアで頂いて、さすがにお腹いっぱいです。
お値段はブリュッセルより若干高めですが、ほとんどアジア人がいないこのエリアで、このお値段で勝負というその心意気に拍手です。

SONGLIM
Haachtsebaan 109
3140 Keerbegen
Tel:015.52.57.50
Open:12~14h30、18h30~22h(月・火昼休み)


スポンサーサイト
23:05 カフェ・レストラン | コメント(4) | トラックバック(0)

滝川

2012/03/29
看板が渋い



補習校の先生、ママ友さんたちとお世話になりました&お疲れさまと来年度もよろしくを兼ねて、ブリュッセルに新しくできた日本食レストラン、「滝川」にてランチ。
和風の看板が素敵なお店の店内は、洋風と和風がミックスされて妙に落ち着けます。

頂いたのは、茶碗蒸し、ご飯、汁物がついたこちらの特別クラス会定食(?って勝手に命名)。

おいしゅうございましたひさびさまっちゃ

おいしいものが少しずついろいろ味わえて、大満足のランチでした。
個人的には今年初の白アスパラと茄子、そしてちょっと見えにくいですが、佃煮が非常においしくて、ご飯のおかわりを自制するのに要努力でした。
抹茶アイスのデザートまで頂いて、あんなことやこんなこと、といっぱいおしゃべりして幸せな気分でお店を後にしましたが、お寿司もお勧めということで、リピ確実です。

欠点は駐車場激戦区の真ん中にあるので、駐車スペースを探すのがちょっと大変なことですが、シャトラン地区も近いのでショッピングも兼ねられるうえ、土曜日のランチ時間もオープンしているのが嬉しい、正統派日本食レストランです。

滝川 - TAKIGAWA
Rue du Mail 81,
1050 Brussels(Ixelles)
Tel:02-544-1881
Open:月~土/12h~14h30、18h30~22h30(金・土は23hまで)
水・日・祝/18h30~22h30
火曜日休み

23:04 カフェ・レストラン | コメント(0) | トラックバック(0)

スモッグ警報とレモネード

2011/01/30

以前こちらでも何回か取り上げましたが、(こんなのとかこんなのとか)明日とあさって、31日(月)と2月1日(火)にスモッグ警報が実施されます。
高速の制限速度は90km/h(通常120km)、ブリュッセルは70kmが50km/hの規制になりますので、車でお出かけの方はお気をつけくださいませ。

とうとう日本一号店がオープンした、パン・コティディアンといえば、パンがお勧めなのはもちろん、オープンサンドやキッシュ、タルトなどもお勧めですが、飲み物といえば一押しはこれ。

冷え冷えちゃん

フランボワーズレモネード。
レモネードに新鮮なラズベリーを加えただけですが、同じメニューでも店舗によって、はたまたその時のスタッフによって、澄んだタイプ、ラズベリーがミキサーにかけてあるタイプ、飾り方まで微妙に違うのがベルギーらしい。
火照った体も一気に冷え冷えになるので、夏のお勧めのドリンクです。

そんな夏にお勧めのはずなのに。。。

つい先日お茶をしに入ったコティディアンは天気のせいか店内が薄暗いなと思っていたら、なんと停電中。
停電にもかかわらずオープンしているのがベルギーらしいですが・・・

冷たい飲み物だけ大丈夫、ということでつい頼んでしまったレモネードですが、体を温めるためつもりのカフェが、前にも増して冷え冷えになった体で街中に出る羽目になったのはいうまでもありません・・・

23:16 カフェ・レストラン | コメント(0) | トラックバック(0)

Le Pain Quotidien

2010/06/10

東京進出が決まった、1990年ベルギー生まれのおしゃれなオーガニックベーカリー兼カフェLe Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)

パンコティ

多言語国家のベルギー生まれだけに、あまり知られてはいないけれど一応きちんとフラマン語店名もあるんです。

ぶろぉっど

「Het Dagelijks Brood(ヘット ダーグルクス ブロォッド)」

仏語のほうがおしゃれに聞こえるのはなぜだろう・・・

21:19 カフェ・レストラン | コメント(0) | トラックバック(0)

日本女性

2009/07/19

喧騒とは無縁


少し前の話になりますが、素敵な3人のお姉さま方とブリュッセルーメッヘレン間にあるお店でランチ。
お店のあちこちにあるガラスアートがかなりワタクシのツボにはまりました。

カメレオン??
このほかにも、かわいいカエルのガラス細工もあり、こちらも持って帰りたいほど。

肝心のランチは少しずついろいろなものが出てくる、食材の組み合わせが珍しい、と星付きらしい内容でした。

これがお腹の中に・・・


個人的には最後に出されるプチフールがヒット。
味は普通ですが、小箱に入って出てくるので、最後に残ってしまってお持ち帰りしたいと常々思っていたことが即解決の嬉しいサービスです。

ご一緒させて頂いたお姉さまお二人は結婚適齢期に近いお子さんたちがいらっしゃるのですが、お二人とも本当に可愛らしい方々。
自分が子どもで、こんなに可愛いママが自分の親だったら、とてもとても反抗なんて出来ませぬ・・・

同年齢の国際結婚された女性とはまったく雰囲気が異なるのは、生活してきた国のせいなのか国際結婚と駐在の違いのせいなのか?
色々なことに興味をもち、挑戦し、お料理も上手でしっかりしていながら可愛らしいお母様。
憧れますなぁ・・・

Kasteel Diependael
Tervuursesteenweg 511
1982 Elewijt
Tel:015-61.17.71


20:47 カフェ・レストラン | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。