08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

バレンタインデーも近い2017・その7/ALAIN DUCASSE

2017/02/14


ショックです。。。。
iPhone内safariのブックマークが突如消えてしまったので、MacBookから同期しようと思っていたら、何をトチ狂ったかiTunes経由で復元してしまいました。
お陰でここ2ヶ月の写真が全て消えてしまいました。。。。冬休みの写真も、お出かけの写真も、息子の公式戦キーパーデビューの写真も、そして勿論、他に紹介したかったチョコレートやサロンデュショコラの写真も。

あぁ、立ち直れない。。。

と言うわけであと2軒紹介する予定だったチョコレート店は来年以降へリベンジを誓い、バレンタインデーまで様々なチョコレートを紹介する「バレンタインデーも近い2017」の最終回は



ALAIN DUCASSE様です。

ご存知のように史上最年少でミシュランの三ツ星を獲得したAlain Ducasse様がオープンしたショコラトリーです。もう、あまりにも神々しすぎて、様付けです。

そんな神々しいチョコレートは



一言で言うとすごく大人のためのチョコレートです。
中身のセレクトのせいか、箱を開けるとまず立ち上がるナッツ系の匂いの濃さにビックリします。
それぞれのチョコレートは全くと言っていいほど飾り気なし、さりげない目印が付いているのですが、これが実に分かりづらく(笑)、サイト片手にひとつずつ確認しながら食べてしまいます。

そのお味は、濃厚高級チョコレートと一発で分かる味わいで、口に入れたときのカカオの豊潤さ、苦味、その後に来るフルーティさ加減、そしていつまでも口に残る後味、とさすがとしか言えません。

どれも基本的にダーク系で、ミルクチョコ系でも濃厚なせいか他のショコラトリーと比べると十分ダーク寄りに感じます。
子供には絶対この複雑さや苦味の美味しさが全く分からないはずというか、子供に食べさせるには勿体なさすぎる!久々に高級チョコレートを食べたという感じです。

個人的に気に入ったのは、アーモンド入りのもの。
ローストアーモンドの風味がすごく凝縮されていて、カラメリゼされていても全く甘くなく、香ばしさやかすかな苦味が非常に美味でした。
もちろん産地別のガナッシュプレートも、それぞれの風味の違いが食べ比べるとわかり、試して欲しい一品です。

あぁブリュッセルに欲しいこの店舗!と熱望するぐらい、チャンスがあればぜひ試して欲しいショコラトリーです。

チョコレート紹介2017年版はこれでお終いですが、お気に入りのチョコレートは見つかったでしょうか?
来年もさらに色々なチョコレートを紹介出来ますように。
あぁ、でも写真が無くなったショックはダメージ大き過ぎる。。。

スポンサーサイト
21:15 チョコレート | コメント(0) | トラックバック(0)

バレンタインデーも近い2017・その6/Salon du Chocolat@Brussels

2017/02/11




子供が補習校で授業を受けている間に、行ってきました今年のサロン・デュ・ショコラ@ブリュッセル。
子供は頑張ってるのに、遊び歩く母を許して。。。
おまけに「本当に行くんですね」とばかりに、雪まで降ってきましたが、混む前にささっとお出かけ。

今年は最初の開催場所Tour&Taxiに戻り、行きやすさといい、広さといい個人的には◯。

お馴染みのチョコレートでできた飾りや



2メートルは超えるエッフェルタワーも



もちろん、チョコレートで出来た衣装も






珍しいところでは美味しいかどうかは別にして、3Dプリンターのチョコ。




人目を引いていた展示はブリュッセルにあるデザイン学校CADのもの。



中でも、これが大注目。プールサイドでサンオイルを塗ったばりにテカる胸像。ハグしたら溶けるんだろうか。。。
裏も見たかった。。。男は背中の肩のラインもポイントよね!



口の中が甘かったので、実はこれがチョコレートより遥かに美味しく感じた、モロッコパンのサンドイッチ!



なんだかんだで、色々購入。人にプレゼントする分も含めるとさらにもうちょっと。



大手のショコラトリーが不参加でしたが、あちこちで購入できるのでこれは問題なし。
以前はお水やコーヒースタンドが一ヶ所ぐらいしかなく、口の中が甘くなりすぎて人混みとともに気持ちが悪くなったのですが、今回はあちこちにリフレッシュコーナーや軽食コーナーがあり、かなりプラスポイントでした。

直前まで悩んでいたSalon du Chocolat、結局楽しんで帰ってきました。購入したチョコレートの紹介は後々、また時間のある時に。

20:52 チョコレート | コメント(1) | トラックバック(0)

バレンタインデーも近い2017・その5/ROYCE'

2017/02/10

本日からSalon du Chocolat開催中です。今年はいつ行くか思案中ですが、問題は今自宅のチョコレートストック量半端ないことなんだよなぁ。。。

さてさてバレンタインデーまで様々なチョコレートを紹介する「バレンタインデーも近い2017」の5軒目はROYCE'です。
えー日本の?と言われそうですが、はい、もちろん日本の会社Royce'です。
でも、Royce'@アントワープです。



アントワープでお友達と一緒にショッピング中にお声を掛けて頂いたのは、丁度1年前ほど。Royce'のアントワープ進出に関わっている方から名刺を頂き、5月にはオープンすると伺ったのですが、待てども待てどもオープンする気配は全くなく、さすがベルギークオリティと思っていた中、2016年10月に待望のオープンでした。

日本のRoyce'店舗未体験なので比較出来ませんが、アントワープ店舗はショコラトリーというよりパティスリー色が強い感じです。カフェも併設しているので尚更そう思うのかな。

日本と比べると商品の種類は若干少なめですが、Royce'といえば、やはりこれ



生チョコです。
こちらでも"NAMAチョコ"として売られています。
日本人には生チョコはお馴染みなので、もう味の説明は必要ないですね。

ベルギーにはガナッシュは当たり前に、トリュフもトロトロチョコがけケーキだってあるのに、なぜか生チョコとして販売しているショコラトリーは知る限りないはず。
ベルギー人にも受けそうな気がするのですが、なぜか見かけないんです。要冷蔵というのがネックなのでしょうか?

生チョコに抹茶とベルギーでは珍しいチョコを求めて、アントワープに行くとつい寄ってしますお店です。
チョコレート大国ベルギーに参入した日本のチョコレート、是非とも「あーRoyce'ね、知ってる~」と言われる程、人気店になって欲しいものです。

ROYCE'
Wapper 16, 2000 Antwerp


06:27 チョコレート | コメント(0) | トラックバック(0)

バレンタインデーも近い2017・その4/MAGNUM

2017/02/08


ちょっと暖かくなったと思っていたら、一気に冷え込んだ朝。
ビタミンDが足りない~~とちょっとでも太陽が出たら、モアイ像の如く太陽に向かって鎮座しています。ヒマワリの気持ちが分かるわ~~。

そんな寒い日が続きますがまだまだ続きます、チョコレート紹介。
「バレンタインデーも近い2017」の4つ目はMAGNUMです。

MAGNUMといえば、ちょっとお値段高めの大衆アイスクリームの代名詞のような位置付けですが、実はForbs紙の調査によると(2016,6月発表)、世界で最も売れたアイスクリームなのだとか。その額驚きの25,4億ドル!
以前のサロン・デュ・ショコラの記事内でも取り上げていますが、濃厚すぎないアイスにベルギーチョコレートをコーティングしたマグナムはベルギー人ももちろんお気に入りです。

そんなMUGNUMから肝心のアイスを取っちゃったのがこちら、



MUGNUMの板チョコです。

"タブレット"と呼ぶほど高級ではなく、本当に板チョコ~という大衆向けチョコレートです。
値段もセールで1,5ユーロを切るぐらい、高くても2ユーロ以下と平均的価格設定が嬉しいチョコレートです。
が、たかが板チョコと侮るなかれ、これが意外と美味しくてコストパフォーマンス抜群です。



中は格子状に溝があるのではなく、たったの二分割に大きなマグナムのロゴが入っています。

お勧めはDark/Noir。
粗挽きのカカオニブが入っていて、食べるとより強くカカオの風味とカカオ豆の食感を楽しめます。でも主張し過ぎず、あともうちょっと入れてもと思うぐらいの絶妙な配合バランスです

高級チョコも良いですが、気軽に買える板チョコ、MUGNUMアイスの周りのチョコが大好き、という方にはめちゃくちゃハマるチョコレートです。



マグナムのアイス箱、マウリッツハイス美術館シリーズも可愛い。。。


11:36 チョコレート | コメント(0) | トラックバック(0)

バレンタインデーも近い2017・その3/Szanto Tibor

2017/02/06

バレンタインデーまで様々なチョコレートを紹介する、「バレンタインデーも近い2017」の3軒目は、Szanto Tiborです。(お名前にアクセント記号有)

ここ数年のトレンドとなった、産地や質を選別したカカオ豆の状態からチョコレートになるまでの全ての工程を手がける、Beans to Barのショコラトリーの一つですが、こちらは珍しくハンガリーのショコラトリーです。
珍しくというのも失礼な話ですが、ハンガリーとチョコレートという組み合わせが、あまりピンとこなかったのです。
多分、人生初ハンガリーチョコレートです。

それがこれ



House blend superior 70% dark chocolateです。

これはイギリスのAcademy of Chocolateが選ぶBest house dark bar部門で、2013年に銅賞を受賞したチョコレート。
希少なカカオ品種と言われているベネズエラ産のクリオロ種を原料としたタブレットは、70%というだけあってしっかりダークながら、クリオロ種の特徴であるマイルドでフルーティな風味をしっかりと感じることができる、これぞ高品質の板チョコという一枚です。

サラッとしていて後味がスッキリしているのですが、口の中で完全になくなる直前に何だかザラッとというよりザラッとよりも更にきめ細かいザラッとした食感が残る不思議な感じです。

ただ悲しいことに、実はこちらのショコラティエのSzanto Tiborさん、去る2月2日にお亡くなりになってしまいました。
まだお若かったのですが、ハンガリーの新聞によると暫くご病気だったとか。これから先このショコラトリーがどうなるのかは分かりませんが、才能に恵まれたショコラティエの方が亡くなられた事は本当に残念です。


03:03 チョコレート | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。