07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

新学期の準備

2005/08/30

夏休みも終わりに近づき、新学期の準備の時期になりました。

この時期、頻繁にBack to the schoolセールの広告が入っています。
学用品はもちろんの事、おやつや靴下などの衣料品まで、これはあまり関係ないだろう、というものもすべて広告で取り上げられています。

そして、ほぼすべての学校が、準備用品リストを配るので(中には学校が始まってから渡される所もありますが)、それを揃え、名前書きをしなくてはいけません。

このリストも学校によって違い、長いリストになる所、なかなか見付からない物を指定している所など父兄泣かせの所も。
また、同じ学年にも関らず、クラスによって準備する物が違う所もあります。
つまり指導者である担任が、必要な物、必要でない物、進み具合や教え方を決めるのです。

ちなみにノアのクラスで必要な物は・・・

・A4のバインダー3冊、ミニバインダー、青のボールペン、三角鉛筆、30cmものさし、消しゴム、鉛筆削り、ファイル、ペンケース、ハサミ、三角色鉛筆、カラーペン、のり、絵の具、筆3種、パレット、ポット、カップ、チューブのり、エプロン、体操服、白い短パン、白運動靴、写真、です。

万年筆や算数の教材などは配布されるそうです。

テレビを見ながらひたすら名前付けです。なんだか気分は内職中です。

ついこの間生まれたような気がしますが、早一年生。
本人は張り切っていますが、何よりも母は、勉強についていけるか心配でしょうがありません。

どんどん宿題も出てくるし、ますますオランダ語の比率が多くなりますが、日本語も頑張らなければ、ってその前に、私の気力、体力は持つのでしょうか・・・

本日のフラマン語
Wat breng ik mee?(ゥワット ブレング イック メー)
何をもっていけばいいの?

DSCN0549.jpg

スポンサーサイト
22:07 ベルギーの教育 | コメント(0) | トラックバック(0)

子どもの頭の中2

2005/08/29

ノアが週末にバカンスから帰ってきました。
真っ黒になっていて、母はちょっとショックです。

いくらブロンズ肌がリッチなイメージだからといって、何もここまで焼かなくてもいいんです、お義父さん、お義母さん。。。(泣)

かなり日焼けしやすい部類にはいる肌なので、ブロンズというよりは、使い古された、10円玉の色になっています。
あ~~~酢風呂に入れてしまいたい。。。

さて、やっと帰ってきたので、ノアのお友達をお泊りに招待しました。
普段から仲良くさせていただいているお嬢ちゃま達なのですが、どの子も貰いたいぐらい、色々な個性のある可愛い子ども達です。
しかし6歳児ともなると、本当に楽です。
お互いに遊んでいてくれるし、問題も自分達で解決、自分の事は自分で出来るので、母はこれほど楽な一晩はなかったかも知れません。

そして子ども達の個性の違いを見るのも楽しみの一つ。
子どもを取り巻く環境や影響によって、同じように生まれた子どもでも、6歳ともなればまったく違います。

こんな所がいいところ、とか、あそこはもう少し伸ばしてあげなきゃ、など、ノアの成長にとって考えさせられる事もたくさん。
ノアにとってだけではなく、親にとってもかなり充実したお泊りになりました。

お絵かきもしたのですが、個性が出ていました。
詳しく詳細まで書く子もいれば、ほのぼの感を出す子などそれぞれ。
そして、ノアの絵も十分個性的でした、6歳児にしては。。。

子どもの頭の中第1弾も個人的には笑いましたが、今回も母は目が点です。

というわけで、子どもの頭の中って一体、、、第2弾は、
ノアの絵で・・・
DSCN0545.jpg

男の子、女の子がスタンプされているのですが、

なぜか三角関係です。。。
しかも、真ん中の男の子、ちょっとのび太に似ています。
何もこんな男の子を取り合わなくても。。。

又、片思いの女の子のスタンプが、かすれてゆがんでいるあたりが、シュールです。。。

今日の一言は、子どもは大なり小なり毎日周囲に訴えていますが、、、

本日のフラマン語
Kijk me aan.(ケイク メー アァン)
私を見て!!


22:02 ベルギー生活 | コメント(0) | トラックバック(1)

デルレイのアイスクリーム

2005/08/28

外出、来客続きでばたばたしていますが、今日もお客様がいらっしゃるので前々から気になっていた、デザートを買いに行きました。

今日のデザートはデルレイのアイスクリームです。

アントワープに本店のあるこのお店、なぜか2号店はブリュッセルではなく東京が選ばれたのでご存知の方も多いのでは?

秋になると、マロングラッセを良く買いに行きますし、チョコを買うことも多々あるのですが、先日、某雑誌で、このアイスクリームが2300円という記事を見て、興味津々だったのです。

ところが聞いてみると、グラス入りのチョコのみの物は日本限定とのことで、お店で取り扱っていた、4種類を買ってきました。
その中身はというと、チョコ+バニラ、ココナッツ+マンゴシャーベット、アーモンド+フランボワーズシャーベット、キャラメル+パッションフルーツです。

そしてお味はというと、どれも大当たり。
クリームは濃厚なのですが、それがシャーベットの甘酸っぱさを引き立てています。
小さめなのですが、食べてみると不思議と丁度いいサイズ。
個別包装のスプーン付きというのも、ベルギーでは珍しいかもしれません。

他にも寄る所があるので、というと、ドライアイス入りの箱に入れてくれたので、次はお友達の所にでも持って行こうかな。(1時間で+1.5ユーロ)

ちなみに他のフレーバーは、グラス入りではなく、500gのカップで売っています。これだと、チョコオンリー(±7.5ユーロ)もありました。

今日の一言は、もちろんでしょう。

本日のフラマン語
Ik heb nog plaats over voor een ijsje.(イック へブ ノグ プラ-ツ オーヴェル エェン エイシャ)
アイスは別腹。

チョコとバニラ。大変おいしゅうございました。
ちなみに各自、3.3ユーロ。日本との値段差は一体・・・
DSCN0540.jpg

15:14 こんなもの食べてます | コメント(0) | トラックバック(0)

おるすばん

2005/08/27

バカンスに出かけるのはいいのですが、気になるのがペットのお世話。

というわけで、ノアが義両親と出かけている間、実家の犬の世話を引き受けました。
グレートデーンの“Victor”です。
DSCN524vic.jpg

↑ご飯のおあずけで、怒っております・・・

マークの実家で飼っている犬はいつもグレートデーンで、実はこの子で3代目。
子どもとの相性もいいらしく、海やノアにも威嚇したり、吼えたりという事はなく、おとなしくされるがままになっています。
が、やはり私達は心配してしまい、目を離す度胸はありません(笑)。

というのも、この犬種自体が大型なので当たり前なのですが、人にぶつかっていくと、人が倒れます。
人懐こいのはいいのですが、彼が擦り寄ってくると、よろめいてしまう私です。
彼にびんたを貰った日には、多分救急のお世話になるでしょう。

そういえば、この子の前のデーン、“パティ”は、尻尾を振りながら私達の後をついてきて、尻尾でガレージの窓ガラスを割った事がありました。。。

家族の仲間としても最適なデーンですが、番犬としてももちろん優秀で、知らない人はもちろん、私達相手にも、車から降りるまで吼えてくれます(笑)。
Vicもかなりのおじいちゃん、そのうちにお別れが来るのかと思うと、動物を飼うのは辛いなあとしみじみ思います。

今日の一言は、子ども達が使う日が来ませんように。

本日のフラマン語
Ik ben gebeten door een hond.(イック ベン ゲベーテン エェン ホンド)
犬にかまれました。

実は座っていると私の腰ぐらい、後ろ足で立つと、マークと肩を組めるぐらいの大型犬です。
DSCN0530vicw.jpg


05:26 ベルギー生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

抹茶のマカロン

2005/08/25

なんだかばたばたと忙しい数日でしたが、やっと一息。

お友達のお宅にお邪魔するので、久々にマカロンを作ってみました。
チョコのマカロンも好きだけど、今日は和風に、抹茶で。

途中までは上手くいったのですが、海のミルクタイムに突入してしまったので、焼きすぎてしまいました。
が、あのもちもち感は何とか残っていたので良しとしましょう。

片手間で何かしようとすると中途半端になるんだった。。。とテスト勉強をしながらドラマを見ていた頃を思い出しました。

そして夜中に、余った抹茶のガナッシュをクッキーにつけて食べながら、当時も夜食と称して夜中にチョコを食べていた事を思い出しました。

もしかして、全然進歩してない??

ちなみに今日のしゃぶしゃぶランチは大満足。
お友達とおしゃべりしながら食べると、家族とは又違った楽しみがあります。
ストレスも発散できるし・・・
そういえば昔はしゃぶしゃぶよりすき焼きの方が好きでしたが、今はしゃぶしゃぶの方が好き。
やはり歳と共にあっさり系の方が好きになるものなのでしょうか?
これはある意味、進歩??

今日の一言は誰かと一緒の方が断然うれしい。

本日のフラマン語
Eet smakelijk.(エェト スマーケレイク)
いただきます。
12:37 こんなもの食べてます | コメント(0) | トラックバック(0)

家庭用ビールサーバー

2005/08/23

ベルギーといえばビールも有名ですが、自称、違いのわかる男、マークもビールがそこそこ好きです。

そんな彼にこのクリスマスにプレゼントしたのがこれ。
DSCN0522.jpg

フィリップ社から出ている、パーフェクトドラフト
常に3℃に保たれたビールを好きなときに飲む事が出来るのです。

実は結構これが大活躍。というのも、庭師やボイラー、水道などの各種修理の方が見えたときに、ビールを出すことが多々あるのです。
コーヒーならともかく、ビールなんて特殊でしょう、と思っていたのですが、我が家のある地域だけではなく、他の地域の方に尋ねても、当たりまえの様に答えられてしまいました。
さすがベルギー・・・
でもさすがに近ごろは、アパートや若い夫婦の家庭などは出さなくなっているようです。

さてこのサーバー、常に適温のビールがきれいな泡立ちと共に出てくるのは嬉しいのですが、6リットルのタンクが約15ユーロ、とちょっと高いのが欠点。
250ccの瓶1ケース(24本)で約8ユーロなので、それと比べるとかなり高く感じます。

でも、我が家に来たベルギー人の方々曰く、“味が全然違う。おいしい”らしいのです。
自称、違いのわかる国民なのか?

ちなみに我が家に来た日本人の方々曰く、“うーん、全然違うって程じゃないかな。でも自分で注ぐのが楽しい”らしいのです。

うーん・・・
お買い得か違うかは微妙な所かもしれません。

そういえば来月初めに、グランプラスで毎年恒例のビールウィークエンドがあります。はたして違いのわかる男は行くのでしょうか?

今日の一言は、私はレストランのトイレで寝た事があります。

本日のフラマン語
Ik ben een beetje dronken.(イック ベン エェン べェーチャ ドランクン)/Ik ben zat.(イック ベン ザット)
少し酔いました。/べろんべろんに酔いました。

StellaとJupilerがありますが、我が家はいつもStellaで。

DSCN0523.jpg

22:08 お気に入り | コメント(4) | トラックバック(0)

マクラーレンのベビーカー

2005/08/21

お天気の日曜日になりましたが、特別なお出かけもないので、お買い物に出かけました。

日曜日には、パン屋やお肉屋を除いて、殆んどのお店が閉まっているベルギーですが、探せば結構、開いているお店もあるのです。

そんな中でも頻繁に行くのが、キンダープラネット
おもちゃや子供服、ベビー用品などを扱っているお店ですが、日曜日にも開いているので、午後のお誕生日会のプレゼントを準備する時間がなかった時など、重宝しています。

ちょっと遠いのが欠点ですが、途中で通るKeerbergenという市にあるおもちゃ屋さんといい、子供にとってはこういう時だけ、まったく苦にならないようです。

ノアの学校バックにKiplingを買って、海のベビーバギーをチェック。

というのも、今使っているのはマキシコージの車に取り付けたり、A型、B型とずーと使える3輪タイプとchiccoの物を持っているのですが、なにぶん重いのが欠点なので、短時間用の軽い物が欲しかったのです。

そして見つけてしまいました。マクラーレンのベビーカー、リミティッドエディション。。。
チタニウムフレームのレザーシートです。
かっこいい~~。
ほし~~~い!!

そして気になるお値段はというと、

1390ユーロ・・・

すみません、目を疑ってしまいました。

もしかして、コンマを入れるの忘れてる?と真剣に思いました。

思わず日本円に換算・・・18万6000円ちょっとですよ!!
信じられないお値段です。

かなり動揺しつつ、やはり自分は一般庶民と感じた瞬間でした。

たとえ限定物に弱い私でもこれはちょっと。。。

果していつまで売れ残っているのか、毎回チェックしてしまいそうです。

本日のフラマン語
Ik wil graag geld wiselen.(イック ウィル グラーグ ゲルド ウィッセレン)
両替したいのですが。

これがその商品。フラッシュのせいでよく見えないかも。

DSCN0518.jpg

23:55 こんなもの見つけた | コメント(0) | トラックバック(1)

サムソナイトのスーツケース

2005/08/20

初めて自分でスーツケースを買ったのは、はるかはるか遠い昔。確か、当時4万いくらかだったと思います。

それ以来サムソナイト一筋で、マークよりも長い付き合いになります。
傷やシールもそのままが好きなので、空港などで他のスーツケースと比べると、ちょっと過労気味ですが、愛着もひとしおです。

今年も又、新しいスーツケースを買ったのですが、ずーと憧れていた、“リモワ”のスーツケースと悩んで、やはりサムソナイトに。

そして、ノアももう十分自分の荷物は持てる歳になりました。
そんな彼女の為に買ったのも、やはりサムソナイトのこのシリーズ

日本へ帰るときはもちろん、2・3泊のお泊りなら十分なので、重宝しています。
ペンギンとてんとう虫で悩んで、結局てんとう虫にしたのですが、他のお友達が持っていた、ウサギも可愛かった。

しっかりした造りと収納はもちろんですが、何よりも本人が荷物を持ってくれるだけで、母は大助かり。かなりお勧めです。

そしてノアはこのバックを持って、今日から義両親と1週間のバカンスへ出かけました。お陰で私も精神的にバカンスです。やっと大掃除が出来る。

DSCN0520.jpg

23:43 お気に入り | コメント(3) | トラックバック(0)

うれしいこと

2005/08/19

お昼にお友達から電話があり、お邪魔しに出かけました。

前々から約束して会うのも好きだけど、いきなり“遊びに来ない”って声をかけていただくのはもっと好きです。

誰に声をかけようと考えた時に、私の事を思いついてくれたと思うと、すごく嬉しいから。

それなので、もちろんお土産やプレゼントを頂くのも好きです。

渡さないと気まずいから、といった十把一絡げのお土産ではなく、本人が買うときに私のことを少しでも考えながら購入した物は、何よりも素敵だと思うから。

でも、何か差し上げる為に、相手のツボにはまるもの見つけたときがもっと好きです。

相手が喜んでくれるといいなあ、と想像するのも楽しいから。

単純だなぁと我ながら思います。

でも、単純なぐらいで丁度いいのかも。

今日の一言は、何よりも大切な一言、、

本日のフラマン語
Bedankt./Dank u wel.(ベーダンクト。ダンク ウゥ ウェル。)
どうもありがとう。


23:37 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

20分の海外旅行

2005/08/18

ちょっとお天気が回復した感のあるベルギー。せっかくなのでPlopsalandへ行く事にしました。
これはベルギーのTV放送、TV2の中でKatnetという子どもプログラムの時間帯があるのですが、その番組を作っているStudio 100のテーマパークなのです。

あえて言えば、サンリオランドと豊島園とディズニーランドを足して、4か5で割った感じでしょうか。
あくまでも3で割れないぐらいの、ちょっとちゃっちい感じが透けて見えるパークです。

子どもにしてみると、テレビでみるキャラクター達がいるし、アトラクションの他にも大型遊具があちこちにあるのですから嬉しいのですが、大人にしてみると、絶叫系も物足りない感じです。

そんな不満はともかく、張り切って朝早く出かけた私達ですが、見事にはまってしまいました、渋滞に。

このパークは高速道路のフランスから来て一番出口、つまりフランスとの国境までほんの数キロ、と言う所にあるのですが、出口2キロ手前から、30分以上まったく動きません。

お約束どおり、父は怒る、子どもは退屈して文句が出る、そして母はなだめる、と既にぐったり。

40分経過した時点で、忍耐力が切れました。
そのまま真っ直ぐフランスへ。。。

フランス側について最初の出口で出ると、カーナビを頼りにひたすら下道からパークを目指したのはいいのですが、ベルギーに入ったと思えば、又フランスへ、そしてベルギーへ、と国境を行ったり来たり。

しかし、国境と言っても旗が立っているだけで、言われなければ気付かないでしょう。見ると単なる農耕地です。そういえば以前道を間違えて、5分間だけオランダ旅行をしたこともありましたっけ。なんだかあっけなさすぎます・・・
もっと国境っぽい振りをしてほしいものです。
結局20分間のなんだか納得いかないフランス旅行でした。。。

何はともあれ、渋滞よりは早かったでしょうが、なんだか不完全燃焼。せっかくならパリまで行きたい。。。

今日の一言は、カーナビさまさまです。

本日のオランダ語・フラマン語
Ik ben de weg kwijt.(イック ベン ダ ウェグ クウェイト)
道に迷いました。。。

国境の旗の写真を撮ろうと思ったら、マークに止められたので、6歳児の水着サービスショットで・・・
パークには墳水で遊ぶ場所があるので、水着を忘れずに・・・

20050818222432.jpg

23:10 ベルギー生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

イメージバトン

2005/08/16

イメージバトンって?

自分に回ってきたバトンの最後の言葉から「語」を連想し、他の人にバトンを渡して行くというものだそうです。

そう、このイメージバトンが、お嬢さんとの楽しい生活が伝わってくるカッパdaカッパさんからまわってきました。

ちなみに今までの連想はと言うと。。。

ライブドア→ホリエモン→ドラエもん→伊衛門→京都→ソルト(塩)→海→ブルー→ハワイ→チョコレート→鼻血→紅→しょうが→そうめん→氷→オホーツク海→蟹→妖怪→研ナオコ→モノマネ→四天王→ティッシュ→テルテル坊主→遠足→たこさんウィンナー→子供→メイ→トトロ→愛→地球博→人ごみ→フバーゲン→ブランドランス→パリ→洋菓子→ジャンボモナカ→皮→鳥肌→蟻(アリ)→ボクシング→汗→アイスホッケー→カナダ→ガダルカナルタカ→チョコボール向井→電車男→もこみち→コスプレ→メイド→エプロン→メンチ→グリル満天星→オムライス→チキンライス→槇原敬之→電気や→ビックカメラ→エスカレーター→駅→散歩→マクドナルド→スマイル→トイレ→クロムハ-ツ→氷室京介→皮パン→ライブ→ドリンク→コーラ→ボトルキャップ→スヌーピー→貯金箱
だそうです。

と言うわけで、私の次のイメージは“ブタ”で。

やはり貯金箱といえばブタでしょう。
ちなみに私は貯金箱が満杯になった事がありません。
ついつい使ってしまうのです。

昔よく見かけた、~万円貯まる貯金箱、というようなものも途中で缶きりで開けてしまいました。
あれは本当にそれだけの金額が貯まるのかしら?
私の周りには最後まで貯めた友人、知人はいないのですが、もし貯めた人がいらっしゃったら、会ってみたいです。

と言うわけで、人生初のトラックバックです。

そしてこのイメージバトン、3人の方に回すらしいのですが、ブログ開設間もないので、知り合いがあんまりいません(泣)

なので、その中で私の大好きな、私の食欲を刺激してやまない写真満載の
うまいもん探しのグルメ生活のvokaさん
にお願いしたいと思います。

無理にとは言いませんので、気が向いたらお願いしま~す。

21:57 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0)

母の日

2005/08/16

朝から相変わらずお天気が悪いですが、朝起きてみると、というかもう昼前でしたが、マークがお花をプレゼントしてくれました。

そう、ベルギーでは今日は、母の日なのです。
母親にとってはお得な事に5月と8月の2回、母の日があるのです。
ベルギーではと書きましたが、あくまでフランダースの方はそうです。フランス語を話すワロン地方でも母の日なのかどうかは確認した事がありません。

諸説は色々ありますが、一番有力なのは、キリストの母である聖母マリアが死去し、昇天されたと言うカトリックの教義がありますが、その聖母被昇天祭が、今日、8月15日のため、それにちなみ母の日になったと言うものです。

と言うわけで本日のお花屋さんは大盛況。マーク曰く、20人以上待ってたからブーケにしてもらわなかったですって。
愛が薄いなあ・・・

そして終戦記念日ですね。
こちらでも小泉首相の談話がニュースになっていました。

海外にいると、なおさら平和を願わずにはいられません。
もし何かがおきれば、誰も頼る事の出来ないこの場所で、外国人として見られる中、生き抜かなきゃいけないのだから。
ましてや子ども達は良くも悪くもハーフです。

確かに、お互いが大切で結婚したはずの私達夫婦でさえ、喧嘩なんてしょっちゅうなのですから、人種や宗教の違う、まったく知らないもの同士が相容れない部分がるのは当然のこと。

お互いを受け入れる事が難しくても、せめてお互いが相違点を非難し、力で解決しようとする世の中ではなくなりますように。

たとえ独りよがりでわがままと言われようと、自分や自分の関わっているすべての人、子ども達には戦争と言う選択肢がないように、と祈るばかりです。

本日のオランダ・フラマン語
Kan U een boeket maken.(カン ウー エェン ブーケット マークン)
ブーケを作ってください。


DSCN0513.jpg

05:47 ベルギー生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

ウサギの赤ちゃん

2005/08/14

雨の日曜日です。ベルギーの夏は終わってしまいました・・・

我が家では庭のケージでウサギを2羽飼っています。
その名もホワイトラビット、グレーラビット。(白とねずみ色だから・・・)

センスのない名づけですが、誰も異議なしなので、このまま呼ばれています。
そういえば関係ないですが昔実家で飼っていた猫の名前も、ネコでした・・・

そのウサギが1ヵ月半ほど前に、赤ちゃんを産みました。
えさをあげに行くと、干草の中に可愛い赤ちゃんが埋もれていたのです。

それだけ聞くと微笑ましいのですが、問題はその2羽がメスだということ。
どっちが一体母親なの?大体、父親は誰なんだ?
と言うか、妊娠していることにすら気付かなかった。

人間、パニックになると笑っちゃう、というのは本当なんですね。
笑いたくもないのに、笑いが止まりません。

性別詐称?野うさぎに襲われた?

ネットで色々調べて、父親を隔離しなければいけないことは分かったのですが、父親どころか、母親が誰なのかもわからない始末。

その後ホワイトラビットを抱き上げた時におっぱいが大きくなっていたので、母親と判明、子どもはホワイトベビーラビット、グレーベビーラビットと名づけました。(白とねずみ色だから。。。。)

結局、真実は判らず、赤ちゃんも自分でえさを食べるようになった今日この頃、ケージを覗く度に、新しい赤ちゃんがいるのでは、とちょっとスリルな毎日です。

そしてペットとは思えないぐらい警戒心の強いウサギ達が、やっと写真に撮れる位、近づくようになりました。

20050814225227.jpg

23:20 ベルギー生活 | コメント(2) | トラックバック(1)

ベルギーで出産

2005/08/14

ベルギーで知り合った日本人のお友達が、妊娠しました。
おめでと~~。

で、病院を選んだわけなど尋ねられたので、病院の話をちょっと。。。

ベルギーでは基本的に、家庭医の診断を受け、紹介状を貰うなどして専門医に診察してもらいます。
そしてその専門医が契約している、と言っていいのかな?、病院で出産する事になります。

私が海を産んだのは、AZ Sint-Augustinusという、アントワープ郊外にあるキリスト系の病院でした。
自宅から少し離れているのになぜ?と聞かれたのですが、

1.NICUがしっかりしている所。
2.医者、看護婦はもちろんの事、お掃除スタッフまで英語がきちんと話せること。(フランス語圏やブリュッセル市内だとお掃除スタッフまでは無理な所が殆んどなのです)
3.各科間の連絡がきちんとしている事。
4.携帯番号を教えてくれる産婦人科医。

と言う希望を伝え、先生を紹介していただきました。

結果的にはいい先生だったと思います。
と言うのも、ベルギーではエコーや尿検査、内診の回数も、日本に比べ格別に少ないと聞いていたのですが、この先生はそれらを毎回きちんと検査して下さったので、精神的にはかなり安心できました。
周りに聞いてみると、やはり珍しいそうです。

出産日当日は彼はバカンス中でしたが・・・(笑)

病院自体も設備が整っていて、病室も安いものから、アパートタイプまで選択肢があります。
何よりビックリしたのが、食事が選べる事。

殆んどの病院は皆同じものを食べますが、ここは朝ならパンかコーンフレーク。パンでも白パン、サンドイッチ、雑穀パン、クロワッサン、ジャムかチョコか蜂蜜かバターか、などなど。そして飲み物も、ジュース、コーヒー、紅茶、ミルクなどなど選べるのです。
昼や夜もメニューから選べる事になっています。
実はこれ、サービス精神の豊富でないベルギーでは珍しいのです。

後はベッドが電動だったとか、赤ちゃんのお風呂と体重計が各部屋にあったり、というような、ささやかな驚きだけでしょうか。

海外で出産は不安で不安でしょうがなかったのですが、実際経験してみると、無痛で楽だったり、こうでなければいけない、というような固定観念もないので、まさしく、案ずるより産むが易し、だなとしみじみ実感しています。

もしチャンスがあればもう一度、と言いたいところですが・・・・・

なんだか今日は感想文になってしまいましたが、今日の一言は、私がはじめて覚えたオランダ語のフレーズです。
ノアを妊娠中、ベルギーに来て、右も左も分からないくせに、こんにちは、より先に覚えた言葉です。

本日のオランダ・フラマン語
Ik ben zwanger.(イック ベン ズウァンゲェル)
妊娠しています。

↓海の黄疸がひどい為、光線治療中。
日本ならNICUなどで専用のBOXに入りますが、ここでは各部屋の赤ちゃんベッドに、ベビー服付き光線マットを敷いて赤ちゃんを寝かせておきます。
夜に撮ったのですが、ちょっと不気味・・・

20050813205738.jpg

06:08 ベルギー医療 | コメント(0) | トラックバック(0)

パイレーツキャンプ

2005/08/13

月曜日から始まっていた、新しいサマーキャンプも今日でおしまいです。
前々回はサーカススクールでしたが、今回はと言うとずばり、“パイレーツキャンプ”。
パイレーツと言えば、あっちの(どっちの?)パイレーツではなく、パイレーツオブカリビアン、などのパイレーツのほうです。
相変わらず、マイナーなものを選ぶ親ですが・・・

内容はと言うと、遊びはもちろんの事、縄の結び方や、船の仕組み、地図を使った宝捜しなどなど、子どもが喜びそうな内容でした。

その中でもノアのお気に入りは、パイレーツアイランドと呼ばれる施設。

天気が悪くても室内なので、心置きなく遊べます。
個人でも入場できるようなので、今度遊びに行ってみようかな。

とりあえず、夏休みに登録してあったサマースクールはこれでおしまいです。
来週から学校が始まるまで、一日一緒にいるとは、かなりエネルギーを蓄えなければいけません。

どうか私に忍耐力を下さい。。。

今日の一言は、幸運にもまだ私は出合った事がありませんが・・・

本日のオランダ語・フラマン語
Geef me uw geld.(ゲーフ メ ウゥ ゲルド)
金を出せ。

宝捜しの戦利品

20050812210936.jpg

05:20 ベルギー生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

コートドールのチョコレート

2005/08/11

ベルギーと言えばチョコが有名ですが、噂にたがわず個人のチョコの消費量はかなりのものです。
もちろんスーパーにもこれでもかというくらいチョコが並んでいますが、そんなお手軽チョコの中でも、外れがないのが、コートドールのチョコレート。

その中でも近ごろのお気に入りはこれ。
20050811222405.jpg

普通味のチョコとオレンジ味、グレープフルーツ味のミニ板チョコの詰め合わせです。

普通のチョコも濃厚でおいしいのですが、何よりもこのオレンジ味のチョコがお勧め。
口に入れた途端オレンジの味が広がって、ちょっとビターなチョコとの組み合わせが絶妙です。
そして中に入っている、オレンジ味の粒粒がアクセントになっています。

コーヒーを飲む時など、ソーサーの横に添えてお出しできるサイズなのも嬉しいところ。

といいつつ、キッチンで立ったまま、どんどん食べているんですけどね。

今日の一言は、言うのは簡単なんですけどねぇ・・・

本日のオランダ語・フラマン語
Ik ben op dieet.(イック ベン オップ ディエート)
ダイエット中です。

20050811223050.jpg

22:45 こんなもの食べてます | コメント(0) | トラックバック(0)

子どもの頭の中

2005/08/10

我が家では、たいていノアが一番に起きます。
そして私達が起きるまでに、勝手に遊んだり、ご飯を食べていたりするのです。

今日ももちろん一番起き。勝手に遊んでいたようですが。。。

皆が出かけた後お掃除していると、

エアロバイクの横で、

アクションマンが・・・・・


腕立て伏せしていました。。。。

20050809210637.jpg


なぜに腕立て伏せ?しかもエアロバイクの横で。。。

犯人はもちろんノア。
子どもの頭の中は理解できません・・・

今日の一言は、私は普通が好きですが。

本日のオランダ・フラマン語
Ik hou van machomannen.(イック ホゥ ヴァン マッチョマヌン)
私のタイプはマッチョマンです。

05:14 ベルギー生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

おやつはパナクック

2005/08/08
20050808140428.jpg


今日はマークがお休みの為、久々に彼の好きなおやつを。

オランダ語、フラマン語でパナクックと呼ばれるこのおやつ、簡単に言えばクレープですが日本で食べるクレープよりは少し厚みがあるかもしれません。

ベルギーではとても一般的な昔からあるおやつで、幼稚園でパナクックパーティがあるほど。
もちろんおやつとしてだけでなく、中にチーズやハムを挟んだりして、食事としてもレストランで食べる事が出来ます。

今日は面倒なのでパナクックミックスに卵とミルクを混ぜて焼くだけ。

ちなみに我が家のパナクックはお寿司の様に、並、上、特上があります。

並は、パウダーシュガー、チョコクリーム、ジャムだけのもの。
上は、並みの上に、生クリーム、フルーツの追加。
特上はさらにアイスクリーム、ナッツ、チョコチップなどが付きます。

本日のご注文は、パナクック上で。
バスケットに残っていた桃にしてみました。
この時はカロリーを気にせず、遠慮なく食べましょう。

ちなみにマークはこれを4枚、ノアは2枚、海は何もつけずに1枚半食べます。

私は・・・

枚数は秘密ですが、食べた後に体重計に乗ったことは言うまでもありません。

今日の一言はレストランで・・・

本日のオランダ語・フラマン語
Ik will graag een pannekoek alstublieft.
(イック ウィル グラーグ エエン パナクック アルストゥブリーフトゥ)
パナクックお願いします。

22:31 こんなもの食べてます | コメント(0) | トラックバック(0)

BMWデビュー

2005/08/06

どうしても月曜日には車を納車して欲しいので、朝からBMWのディーラーに出かけました。
とりあえず、530の契約を済ませて、まずは一安心。
これでマークが私の車を使わなくてすみます。

この契約がメインだったのですが、実はもう一つ用事が。。。

そう、先日、在庫がなくてお願いしていた海の誕生日プレゼントの車の乗り物が届いていたのです。
うーん、かわいいかも。

見た目シンプルなのが気に入りました。
でも結構重さがあるほうかもしれません。

というわけで、1歳にしてBMWデビューです。

ちなみにお値段は75ユーロ。微妙です・・・

本日の一言は、セルフサービスのベルギーでは殆んど用がありませんが。。。
ちなみに冬はガソリン満タンにしないほうが車の為にはいい、というのは嘘ですか?本当ですか?知っていたら教えてください~。

今日のオランダ・フラマン語
Vol alstublieft.(ヴォル アルストゥブリーフトゥ
満タンお願いします
DSCN0504-BMW2.jpg

22:31 ベルギー生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

ハム太郎ケーキ

2005/08/02

というわけで、本日は海の1歳のお誕生日。
ケーキでも、と思ったのですが、残念ながら海にはミルクアレルギーがあり、市販のスポンジケーキは食べられないのです。

というわけで、なぜかノアのリクエストにお応えして“ハム太郎ケーキ”を作ってみました。

なぜに今ごろハム太郎かというと、実はベルギーでも日本のアニメが人気で色々と放送されています。
もちろんハム太郎もそのうちの一つ。
そしてやはり日本のアニメと分かってるだけあって、見ている間の集中力は只者ではないくらい、好きなようです。

ちなみに名前もそのまま“Hamtaro”。リボンちゃんは“ビジュー”と言います。多分、フランス語の“Bijou(宝石、かわいらしいもの)”から来てるのでは、と勝手に思っています。

そんな国際的なハム太郎ですが・・・

Hamtaro、オランダ語ぺらぺらです。
Hamtaroのみならず、ハム仲間は皆オランダ語ぺらぺらです。

私、ハムスターに語学で負けました・・・

今日の一言は、皆一度は口にした事があるのでは?もちろん日本語で。
ちなみに、ベルギーでは、お誕生日の人が、周りにささやかなお祝いをします。
例えば職場に何か持っていったり、飲み物をおごったりなどです。
そして、子供たちは、お菓子や小さなおもちゃなどを簡単に包装し、クラスの皆に配る習慣があります。

本日のオランダ・フラマン語
Vandaag is mijn verjaardag.(ヴァンダーグ イス メェン ヴェるヤーるダァグ)
今日は私の誕生日です。

可愛いハム太郎というより、なんだか成長しすぎたハム太郎になってしまいました。

20050802221408.jpg

22:45 ベルギー生活 | コメント(2) | トラックバック(2)

お誕生日プレゼントはこれだ

2005/08/01

明日、といっても日本時間では今日ですが、海はめでたく1歳になります。
大きな怪我や病気もなく、元気に育ってくれてよかった。

というわけで、一日早く、義両親がお誕生日のプレゼントを持ってきてくれました。
実は数日前から、プレゼントは木馬にするわね、と言われてはいたのです。
が、我が家にはノアのロディーちゃんが既にあるので、小さい物でいいですよー、とお願いしておいたのです。

そして今日、我が家に届いたのは、、、これです・・・

あの、大きすぎるんですけど。
まだ海は伝い歩きしかしませんから・・・

4歳~10歳までの木馬はちょっと・・・

ええ、有り難く頂きます。が、コメントに困ったのは言うまでもありません。

残念ながら、写真をとる前に夜になってしまったので、写真は明日にでもアップしますね。

20050802220511.jpg

そしてその写真がこれ。
体長120cmぐらい、高さは1mぐらいあります(笑)


22:36 ベルギー生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

たからもの

2005/08/01

たからもの・・・それは大切な家族。。
な~~んて口が裂けても言いません。

確かにノアは宝物のようなもの。産んだ時に、ノアの為なら何でもできる、と思ったのは確かです。

海に関しては、宝物というより、借り物?
後10数年したら、彼女を選び、20数年で結婚して、妻や子どもが一番になって誰かのものになるんだなぁという感じ。

マークに関しては、これはもう宝物というより、何者?って感じでしょうか。

そうそう、宝物、ですが、それはこの小さなノート。
海を出産後、諸事情により6週間以上入院するはめになった私。
もちろんマークは仕事があるし、義両親にはノアのお世話をお願いしたのだけれど、さすがに生後直ぐの赤ちゃんは預けられない。
という事で、彼は私が退院するまで、NICUでお世話をして頂いたのです。

その時の毎日の生活を写真入で日記にしたものがこれ。

面会は2回程しか出来なかったので、私が見ることの出来なかった、海の最初の1ヵ月半の成長が、これに残されているのです。

多分普通に自宅に帰っていたら、これほど几帳面な記録は手元になかったでしょう。
忙しいにもかかわらず、毎日写真を撮り、日記を書いてくださったスタッフに感謝です。
05:19 ベルギー医療 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。