12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

大盛況

2006/01/31

というわけで、今日はガレージセールの日。
ノアを学校に送っていって直行したのですが、やはり渋滞にひっかかってしまい、ぎりぎりに到着しました。
10時開場なのに、既にお客様が待っている。。。すごい。

結局最初の2時間は本当に大盛況で会計を待つお客様が列を作るほど。
お友達数人と出したのだけど、他の人の出品をみて、これが売れるのね、とか、これ、私が欲しかった、というものもたくさん。

途中からはヴィトンのバックなども数点出品されて、火花が・・・いえいえ、じゃんけんで無事? 血を見ることもなく解決しました。

何はともあれ大盛況。
おうちは片付くし、誰かに使ってもらうと嬉しいし、といい事尽くし。
お店屋さんごっこのようで楽しゅうございました。

明日はお休み、次は木曜日に開催です。今度は遅刻しないようにしなきゃ。

スポンサーサイト
22:20 ベルギー生活 | コメント(2) | トラックバック(0)

相場って?

2006/01/31

明日はお友達のガレージセールに便乗させてもらうので、要らなくなった物を探し回っていました。
ノアのお洋服など、過去6年分がお下がりで差し上げた分がたくさんあったにも関わらず、これでもか、というぐらいあふれ出てくるし、海のお洋服に至ってはまったく着ていない物が数百ユーロ分はあります(といっても季節外れ?サイズ外れ?のプレゼントが異様に多かったのです)。
このお洋服類がなくなると、かなりすっきりするのですが、マークはまだ3人目を諦めていないようなのです。確かに女の子が私は欲しい。マークだってもう1人息子が欲しいらしい。でも体力的にも肉体的にも難しいと私は既に諦めモードです。そんな2人なので、どれを売ってどれを残しておくのかの判断がむずかし~~。

結局、着た回数に関わらず、あまり愛着のないものをえり分けていたのですが、ここで問題になるのが値段付け。一体相場って幾らくらいなの?

例えば海のパジャマなどは40ユーロ前後で購入したものが殆んど。その中でも3ヶ月~6ヶ月ものは成長が早すぎて、それぞれ数回しか着ていません。でもガレージセールとなれば2ユーロ前後くらい? 中古なので仕方ないかなと思っていますが、マークは納得いかない様子。
私自身もガレージセールで子どもの服を買った事がないので、判断に困る所ですが、一体どれくらいなら皆さん買いますか? 服や雑貨、幾ら以上なら高いと感じますか?

しかし、ダンボールから子どもの服を取り出していると、ノアが小さかった頃の事などを思い出して、ついつい思い出に浸ってしまいます。人のものを片付けるのは簡単なのに、自分のものだとなかなか片付きません。そして今もこうやって現実逃避中。
00:08 ベルギー生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

Mr.&Mrs.Smith

2006/01/29

今日レンタルしてきたDVDは「Mr.&Mrs.Smith」。
私の好きなブラッド・ピット+マークの好きなアンジョリーナ・ジョリーの組み合わせにも拘らず、映画館に行き損なってしまった映画です。

そういえば先日アンジーの妊娠のニュースや養子の子ども達の苗字が変わるなどなどニュースに事欠かなかった2人ですが、この2人から生まれてくる赤ちゃんはすごく可愛くなりそう。

そんな映画の感想は、ネタばれの可能性があるのでこちら↓
>>続きを読む・・・
23:54 ベルギー生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

寄付金

2006/01/27

学校から週に最低2回は色々なお手紙が入っているノアの連絡帳ですが、その内容はというと色々。ちなみに今週もらってきたものは・・・

* 乗馬体験の申込書
* ハンドボールクラブのお誘い
* 他校とのダンス交流の参加申込書
* タレントナイトの参加申込書
* PTAの募集
* 退職職員の送別会の案内、などなどでした。

そんな中、定期的に入ってくるのが、寄付金の案内です。寄付金の案内といっても、普通に「振り込んで下さい」ではありません。

実はお菓子の購入案内なのです。これはPTAが中心となり、ワッフルやチョコレートを販売し、その売上金を暖房費や設備費、遠足等のバス代やPTA会費に充てるというもの。ワッフルやチョコ、というあたりがベルギーらしいですが、単なる寄付に比べると、強制ではないし、PTAも助かる、親もお菓子購入で損した感が少ない、子どもはもちろん喜ぶ、と円満解決? に感心しています。

1/3は義両親におすそ分け。約36枚ぐらい? 入って1箱4ユーロです。
20060127225458.jpg

22:55 ベルギーの教育 | コメント(0) | トラックバック(0)

ガレーのマロングラッセ

2006/01/25

ダイエット宣言したはずなのに、意思は固いはずなのに、目の前にこんなものが・・・
ガレーのマロン

Galler(ガレー)のマロングラッセです。(いえいえ、実はUpするのを忘れていたのですが。。。)

ガレーと言えば、1976年創業、王室御用達に認定されたのは1994年、と王室御用達のショコラティエのなかではかなり若いお店です。ベルギーのいくつかの街のほか、フランスにも進出していますが、もちろん日本でも購入できるので、ご存知の方も多いのでは?
かく言う私はというと、実はグランプラスの本店しか行ったことありません。ガレーのチョコレートといえば、お土産のためにここでチョコレートを買うことは多々ありますが、自宅用にはスーパーで購入できる種類のものしか買った事がありません(普通にスーパーでガレーのチョコレートを数種扱っているのです)。

チョコレートは後日Upするとして・・・何はともあれ、マロングラッセ。
中身はこんな

サイズ的にはデルレイのマロングラッセと同じくらいのサイズなのですが、こちらは砂糖でコーティングしてあります。金色の包み紙を開けると、コロン、とイメージどおりのマロングラッセが。
口にするとすぐほろりと崩れてしまうマロンを噛んでみると、ネットリホックリ系です。ブランデーなどの風味はしませんが、正統派マロングラッセという感じ。どちらかというと甘い方で、1個で十分満足(私の食欲なら2個かな)。とてもシンプルで万人受けな味です。
個人的にはやはりデルレイのマロングラッセのほうが好みですが。。。(ガレーさんごめんなさい)

そして、なぜだか分からないのですが、ここのマロングラッセを食べた直後は奥歯が少し痛くなるのです。なぜだ(笑)?しかもそんなのは私だけ。なぜだ??

7個入り、値段忘れました、、、でもデルレイの倍くらいしたような気が・・・。もちろん1個からでも購入可です。グランプラスに店舗があるので、観光がてら1個お口にどうぞ。

ところで、ガレーのシンボルカラーとも言うべきオレンジ、エルメスオレンジにそっくりじゃないですか?

21:53 王室御用達 | コメント(4) | トラックバック(0)

帰国ラッシュ

2006/01/23

海外に住んでいると避けられないもの、それが日本人のお友達とのお別れです。

この年末年始から3月末まで、私の周りでは帰国ラッシュ。もともと海外赴任は任期も決まっている事だし、いつかはその日が来る、ということは理解してはいるのですが、やはり寂しくてしかたありません。特に丁度知り合った時期が同じくらいのせいか、仲良くさせていただいているお友達が次々と任期を終え、今回帰国する事に。寂しい。。。

そして先日も別のお友達の緊急帰国が決まりました。子ども達が上も下も同じ年齢で、頼りになるお姉さん、という感じの敬愛する美人ママですが3月末でお別れです。あ~~ん、泣きたい・・・

海外生活していらっしゃる方の中には、日本人とはかかわりを持ちたくない、という方もいらっしゃるようですが、私はそんなタイプではなく、自分のためにも子供たちのためにも日本人のお友達がいるのは素敵な事だと思っています。でもここまで帰国ラッシュが続くと、寂しさと共に不安になるのも事実。
新しいお友達に知り合えるのか、又知り合ったとしても気の合うお友達になれるのか、知り合いで終わるのか、はたまたまったく孤独になってしまったら、などなど不安は尽きません。
こんな時は少し弱気になって、日本に帰りたくなります。しかも天気の悪い冬だし・・・
温泉入って、お寿司食べて、おこたでお昼ねしたい。。。やばし、鬱になる前か!?

22:04 ベルギー生活 | コメント(3) | トラックバック(0)

氷が溶けた

2006/01/21

ここの所暖かいベルギー、といっても最高気温が7度くらいですが、これだけ暖かいと、氷も溶けます。
そう、やっと氷が溶けたのです。しかもただの氷ではありません、金塊入りの氷なのです。

事の起こりは12月の中旬、アントワープ中心部の目抜き通り、メイヤー通りに3立方メートルの氷の塊が登場しました。これはラジオ局のQ-musicが企画したもので、Q“中心部に25000ユーロ相当の金塊が埋めてあります。氷が溶けて、この金塊が地面に落ちるのは果して何秒後の事でしょう?”という質問の答えに限りなく近い正解者が25000ユーロを賞金としてもらえる、というものでした。

私が1月始めに見たときは、まだまだ溶ける気配がなかったのですが、今日の新聞にこの氷が溶けた、という記事が載っていたのです。
新聞によると、氷が溶けたのは木曜日。そして一番近い秒数を書いたある男性が25000ユーロをもらうことになりました。

が、ここで問題発生です。実はこの金塊、木のブロックを金色に塗った物だったのです。まあ、街のど真ん中ですし、あくまでもクイズなので本物である必要はないかも、代わりのもので十分、と思ったのは私だけだったようです。
というのも、ここでいきなり登場した別の男性、彼は質問の答えに、「落ちない」と答えていたのです。そして彼はQ-musicに対し賞金の取り分に関してクレームを出すことに。

確かに、彼の言い分もある意味正しいかもしれません。何しろ、「金塊」は落ちていないのです。あくまで落ちたのは金色に塗った木のブロックであり、クイズのルールにはその旨を載せてないのですから。

それはそうですが・・・・・この気持ちを上手く説明できませんが、そこまで裏の裏を読むか??なんだかのどに魚の小骨が刺さったように、しっくりこないというか、すっきりしない私です。
ちなみに彼は代理人をたて、話し合い中。結果がどうなるか楽しみです。

今日の一言は、アメリカ映画などではよく決め台詞に出てきます。
Tot in de rechtbank(トット イン デ レクトバンク)
裁判所で会いましょう

22:40 ベルギー生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

働き者のベルギー人?

2006/01/19

ずーと忙しかったマークは今日から2日間、イギリスに出張です。普段は出張などあまりないのでちょっと嬉しいのですが、どうせならEU外に行って欲しいものです、化粧品をお願いできるし(笑)

彼はこの3週間は忙しく、朝6時半には出かけて帰りは10時過ぎ、とベルギー人とは思えない働きぶり。もっとも更に忙しい時には朝2時、3時に帰ってくる事もあるので(浮気ではありませ~ん)、今回はマシな方なのかもしれません。遅くなるのはかまわないのですが、ご飯を何度も作るのが辛い、、、というのも、海のための晩ご飯、ノアのための晩ご飯、そしてマークのための晩ご飯と3回作っているのです。あー、自分で言うのもなんだけど、いい妻かも。。。

仕事といえば、ベルギー人は働かない、とよく聞きますが、確かに日本人と比べると格段に働かない! 3時過ぎには車の渋滞が始まる兆しを見せ、4時過ぎには渋滞、5時過ぎる頃には高速は完全な渋滞で、車がなかなか動きません。5時に渋滞って、一体何時に会社を出てるんだ皆?? じゃあ休み返上で働いているかというと、使える制度は全て使わなきゃ、とばかりに休みます。

もちろん修理など頼んでも時間通りに来たためしがないどころか、指定した日に来ない事も多々あります。最初のうちは怒っていたのですが、だんだん慣れるのが怖い。仕事しないといっても、日本人と比較すると、しないだけで、別の国と比べたら働き者かもしれないし(!?)、悲観的になっていたら、長い海外生活やっていけません。

でもあえて擁護するなら、働くベルギー人がたくさんいるのも又事実。
マークはベルギー人としては職業柄のせいか働く方かもしれません。8時に出て、帰ってくるのは8時前、と日本人と比べるとまだまだですが、ベルギー人にしては働きもの。土日も緊急で働く場合もあるし。もちろんその他のベルギー人にもたくさん働き者の方がいらっしゃいます。足して2で割れば丁度いいのに、世の中そんなものでしょう。

じゃあ働けばいい事があるかというと、・・・・・・。
たぶん私がマックでバイトするよりも、ちょっとだけ会社に勤めて、さっさと失業保険をもらってしまったほうがよっぽど収入になるに違いないかもしれません。。。マークの場合に至っては、なんと税金、年金もろもろで給料の60%近くを持っていかれちゃうのです。
この税金が目に見える形で使われていればいいのですが、それはどこの国でも一緒。少なくとも我が家にとって役立っているのは子どもの学費(教育費が只だから)と高速代ぐらい(高速も只なので)しかない? 子どもの教育を学費制にして、税金を安くしてくれたほうがよっぽどありがたいのですが。。。と各種請求書をながめながらため息の出る日々です。

今日の一言はお世話になりたくないですねえ。

本日のフラマン語
belastingsinspecteur(ベラスティングスインスペクター)
マルサ?っていうんでしたっけ。税務署の査察官。

22:27 ベルギー生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

子どもの為の音楽会

2006/01/15

今日は年に一度行なわれる、子どもの為の音楽会に行くために久々にノアと2人でお出かけ。
これはANAさんと日本人会が共催となり、青山こどもの城で活躍されている、ガドガドというグループの方々がヨーロッパ各地を廻ってコンサートを開催して下さるのです。
日本人の多い場所によっては抽選という事もあるようですが、ブリュッセル(といっても日本人の方は5000人ほどいらっしゃるとか)は先着順の応募。去年は気がついたら定員一杯になって参加できなかったので、今年は早めに申し込みました。

Woluwe-St-Pierreと言う地区のカルチャーセンターで開催されるこのコンサート、12時開場でしたが、12時40分頃に到着すると、既に皆並んでいます。皆、はやっ!

内容はというと、さすがに子どもの注意を惹くのが上手です。プロですねえ。一緒に歌あり、踊りあり、クイズあり、手作り楽器で演奏に参加などなど子どもが喜んで参加できるものはもちろんの事、大道芸人のパフォーマンス?と言いたくなるようなパフォーマンスも。色々な見たことのない楽器も出てきて勉強にもなりました。
最後にはANAの宣伝と子ども達がステージに上がって合唱しておしまい。実りある1時間半でした。来年は海も丁度いい年齢になっているかもしれません。何しろ今は人類の言葉を理解していないので。。。

ところで不満が一つ・・・毎年お土産を頂くのですが、最初に行った時には、ポケモンの腕時計。次の年は、トトロのビデオ。その次の年は、ANAの機内放送している映像のDVD。そして今年は、ミルキー1箱。ちょっと寂しいです・・・

22:21 育児 | コメント(0) | トラックバック(0)

日本の映画

2006/01/14

マークの仕事があまりにも忙しく、我が家はここ2週間ほど母子家庭状態。私もばたばたとしていたので、やっと週末が来てホッとしています。

さてさて、ベルギーのテレビですが、基本的な契約チャンネルの場合、毎日どこかのチャンネルで映画を放送しています。が、数年前のものだったり、俗に言われるB級映画だったりと、内容はイマイチ。

結局週末はDVDをレンタルしに行く事が多いのですが、それはある番組次第。。。
そうMTVなのです。
実は週末の深夜、MTVではAsian Screenと称して、アジアの映画を放送しているのです。もちろん、アジア、なので中国や韓国の映画の時もあるのですが、私のお目当ては日本映画。
先週は「呪怨」、その前は「着信アリ」、そして今夜は「Casshern」と、どれも自分では映画館で選ばないような映画ばかりなので嬉しいです。外国人向けのセレクションなのかな?

更に今夜はNederland3というチャンネルで「ヴァイブレーター」も。
ブリュッセルには時々日本映画を上映している映画館もあるし、日本のものが(車、電化製品以外で)世界のあちこちで注目を浴びているのは、日本人としては嬉しい限りです。

そんな映画の感想ですが、、、
ヴァイブレーター・・・重い・・・話が重過ぎます。見ているとどんどん苦しくなってくる感じで、もっと楽になればいいのに、と思わせます。精神状態が辛い時には見たくないかも。
唯一の救いといえば、トラックのお兄ちゃんがレイ(寺島しのぶさん)から逃げない所かな。他人なので途中で見限って放り出してもいいのに、きちんと向き合ってる所が救いです。彼女の着ていた下着のセットが可愛かった。
そして何気ない雪景色とか街の風景が、あー日本ってこんなだったな、としみじみさせてくれました。いかん、ホームシックか!?

Casshern・・・元はアニメだったとは知りませんでした。ファンの方ごめんなさい。確かに、アニメといえばアニメっぽい作りでした。ロボットちゃんたちがナウシカとかラピュタに出てきそうで、「Five star stories」とかもそうですが、男性のイメージするロボットってなんとなく似ている気がします。
話自体は突っ込みどころ満載です(笑)が映像の色使い、画面の切り取り方がオリジナルでよかったかな、と。ルナちゃん役の女の子がとても可愛かった。個人的には宮迫さんに1票!

MTVではここの所日本映画が続いたので、しばらくは他の国の映画だと思うとちょっと悲しいです。来週末はきっとレンタルかな。

今日の一言は、ベルギーでは固定電話の場合、1919をダイヤルすると誰からか分かります。

本日のフラマン語
gemiste oproep(ゲミストオップループ)着信アリ


パナパナちゃん
私の携帯はパナソニック。ヨーロッパらしく表示が11ヶ国語の中から選べます。
22:33 ベルギー生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

必需品

2006/01/08

日本は週末、七草だったのですね。
七草で思い出しましたが、実家の七草粥にはなぜかサイコロ状に切ったお餅がいつも入っていました。何の疑問も持たずにずーと食べていましたが、今考えてみると全然胃袋を休めてないじゃん。。。

そんな強靭の胃袋のせいか、暴飲暴食の嵐だった12月から1月始め、なんと1ヶ月で体重が4キロも増えていました。
普段より量、カロリーの多い食事はもちろんの事、食事が終わるのが真夜中前と言うのも珍しくない日々。そりゃ増えるはずです。

ダイエット特集にあるような、「寝る前の~時間前には何も口にしないようにしましょう」だとか、モデルの「夜6時以降は水さえも飲みません」、なんて夢のまた夢。
夜7時に始まった食事が11時過ぎ終了なんて当たり前、最高では正午に始まった食事が8時過ぎに終わる(しかも休憩込み)などという、体力勝負としか思えないものも。

意に反してダイエット特集が本当かどうか、自分の体で実験したようなものです。

でも4キロ、特にお腹周りが変わると目に見えてすぐ分かるもんですね~。
車の運転をしていると服がウエストに食い込む、ボトムスの甘めのファスナーが自然に下りてるなんて序の口ですが、ヒップハングのミニスカートがウエストしか入らず、まるでノー○ンしゃぶしゃぶやノー○ン喫茶のユニフォームになってしまう、ちょっとマークにとっては嬉しいハプニング付きです。

そんな4キロの体重増加に耐えた私の胃袋にとって必需品はこれ。

DSCN0972.jpg


右は帰省の度に持ち帰ってくる胃薬。
これがよく効くのです。ちょっと胃がおかしいかなという時はもちろんの事、シクシク痛み出した時にも効果を発揮、年末年始の救世主。

左はこちらの薬局で購入している「モルコサン」と言う商品。
ちょっと食べ過ぎた時、胃に負担のかかるものを食べた時に、水に薄めて飲むと消化を助けたり、胃にかかる負担を軽くしてくれるのです。
味はずばり!!
すっぱいのが苦手な私には辛いものがありますが、確かにこれを飲むと朝起きて胃が重い、という事がありません。

ちなみにその後この商品の詳しい説明をネットで探してみたのですが、なんとダイエット商品として販売している所もあるではないですか!!
4キロ太った本人としては、え??という感じですが、もしかして毎日飲むと効果あるかも??と淡い期待を抱いているこの頃でございます。
(でもこの酸っぱさがなぁ・・・・)

22:58 お気に入り | コメント(2) | トラックバック(2)

Het Gebaar

2006/01/07

3日からセールが始まっているベルギーですが、今日になってやっとお買い物に出かけました。以前に比べ物欲があまりないことに加え、今年のセール初日はあまりにも寒く、霧が深かったので出かける気分にならなかったのです。

行き先はアントワープ市内。子ども達は義両親に預けて、久々のお買い物デートです。

デートと言えばカフェ、そしてアントワープのカフェと言えばここ。

DSCN0960.jpg


日本人にも、ベルギー人にも人気のあるHet Gebaarです。
私の中では、アントワープお気に入りのカフェBest3に入りますが、以前の場所から現在の場所に移転してからは訪れていないので、約3年ぶり??

現在はマルクトからヴィトン方面に行ったとすると、ヴィトンの角を右折、丁度デルヴォー店舗前にのびる道を歩いていくと、右手のハーブガーデン横にレンガ造りの一軒家がひっそりと建っています。ここがそう。
中は以前にも増して落ち着いた雰囲気になっていました。スタッフの応対も相変わらず気持ちがいいです。

私たちが着いたのは丁度12時過ぎ。12~2時はランチタイムなのですが、ランチより何より、私の頭の中はあるメニューで頭がいっぱい。
ランチを頼むマークやお客様方を横目に、お願いしたのがこれ。

DSCN0957.jpg

Coffee Compleet(紅茶版もあり)です。
約3杯分のコーヒー、アイスクリーム、クッキー、チョコ、アップルケーキ、コーヒーリキュールが底に入った生クリームがセットになっているのです。
ちなみにこれで6.95ユーロ。

この色々なものを少しずつ、というのが女性向き。
一回で十分楽しめます。

もちろんランチもおいしいです。盛り付けなどもカフェとは思えないぐらい素敵で、家庭でも使えそうなアイデアがいっぱいです。

土曜日は予約を受け付けないので、ひたすら運とタイミングですが、平日は予約した方が良いかもしれません。(ちなみにこの日、私たちが出る頃には5組ほどが待っていました。)

Het Gebaar
Leopoldstraat 24, 2000 Antwerp
tel;03-232.37.10

11h-18h(火~土)
ランチ18ユーロ+、コーヒー±3ユーロ~
店内は座席の間が狭く、落ち着いた雰囲気なので、ベビーカー、動きたがる子ども連れは難しいかも。
トイレにオムツ換えシートなし。



23:25 カフェ・レストラン | コメント(5) | トラックバック(0)

王様は誰?

2006/01/06

今日、1月6日は公現日(公現祭)、フラマン語で「Driekoningen」と呼ばれる日です。
もともとはカトリックの行事で、キリストの誕生を祝って、東方から三聖王が訪れた日と言われています。

そしてこの日に欠かせないものがこれ。
DSCN0965.jpg


「Driekoningentaart」(仏;ガレット デ ロワ)と言われるお菓子で、パイ生地の間にフランジパンと呼ばれる、アーモンドクリームがベースになった物が挟み込んであります。
通常このタルトを買うと、おもちゃや紙で出来た王冠が付いてきます。
なぜかと言うと、実はこのタルトの中には、アーモンドや陶器の人形が焼き込んであるのです。そして切り分けられた自分のケーキにこれが当たった人は、この日一日、王様(女王様)になれるというお楽しみになっているのです。
ある意味王様ゲームごっこ???

フランス語でフェーヴ(ソラマメの意。フラマン語でなんと言うのでしょう?)と呼ばれるこの隠し物、昔はソラマメが使われていたとも聞いた事がありますが、調べた事がないので、本当なのかどうかは???、今はアーモンドが使われています。
そしてそのアーモンドよりもっと一般的になったのが、陶器のお人形です。
以前は三聖人のお人形だったのですが、近ごろでは人気のキャラクターやちょっと変わったお人形など、これを集めている人がいるくらい、多種多様になりました。

去年はパン屋さんで買ったのですが、知人親子と食べる為に今年はちょっと奮発、
DSCN0963.jpg

ピエール・マルコリーニで買ってみました。
ナチュラルとチョコ味があったので、迷わずチョコを選択。
パイ生地はサクサクとしておいしく、中のフィリングはかなり重く、食べ応えがありました。

肝心のお人形はと言うと、実は上に爪楊枝が刺さっていて、どこに人形が入っているか、ばればれ(笑)
とりあえず気付かない振りをして切り分け、お皿をシャフル、一斉に食べてみるとお友達の女の子に当たりました。良かった、親に当たらなくて。。。

王冠の代わりに、マルコリーニのシェフ帽子で王女になりました。
でも、普通の王冠の方が嬉しかったかも・・・

そしてこの日を境にクリスマスツリーの役目も終わりです。。。
DSCN0968.jpg
入っていたのはこんなお人形。3センチ程です。
今日の一言は、この単語にくっつくくっつくと・・・

本日のフラマン語
koning(コーニング) 王
koningin(コーニンギン)女王
koningshuis(コーニングスハゥィス)王家
koningszoon(コーニングソーン)王子
koningskroon(コーニングスクローン)王冠
koningstroon(コーニングストローン)王座
koningsdochter(コーニングスドクテーる)王女。。。つかれた。。。

22:30 こんなもの食べてます | コメント(4) | トラックバック(2)

お年玉

2006/01/02

新年明けましておめでとうございます。

去年、このブログに寄ってくださった方、TBやコメントを残して下さった皆さん、ブックマークしてくれた方、そしてこっそり(?)見に来てくれた皆さん、ありがとうございました。
今年もよろしくお願い致します。
そして、去年が良い年だった方も、厄年だった方も、今年は実り多き良い一年になりますように。。。

皆さんのお正月は如何でしたか?
私は、元旦、二日と朝起きるのは11時過ぎ、夜はビデオを見て4時就寝、というある意味、正統派(?)なお正月でした。
カウントダウンも知人たちと無事に済ませたかと思いきや、ここはヨーロッパ。次々とテレビのチャンネルを変えながら、はい次はイギリスのカウントダウン、ついでにスペインも、と訳のわからないカウントダウンの嵐でした。

さてお正月と言えばお年玉。未だに私は親から貰っているくせに海外にいると子どもがお年玉の存在を知らずに済むのは親的には嬉しいのですが、ベルギーにもお年玉のようなものがあります。

ずばりそれは新年のお手紙。

子どもが去年の自分を振り返り、自分が頑張った所、今年頑張るところや抱負を手紙というかカードに書きます。
そしてそれを両親や祖父母、ゴッドファザー・マザーの前で朗読するのです。
すると、がんばれー、とばかりにお金が頂けるのです。

学期末になると、学校で書かせるのですが、今年のノアの手紙には、
「読書がよくできました。算数も頑張りました。今年はもっと沢山の本を読んで、6+3=9です。」と言うような、なんだか訳の解らない手紙が・・・(なぜにいきなり足し算が???)

それでもがんばれーとお年玉を頂いて大喜び。大きなお札も頂きましたが、クッキーの缶に入った、おつりの1セントの山に大喜び。これに喜んでいるようでは、6+3=9だね。。。

ちなみに、まだ字が自分で書いたり、読んだり出来ない幼稚園児などは、幼稚園で習ってきた歌を披露してお年玉を頂きます。

何か一芸?(笑)をしてお金をいただくこちら風のお年玉、なんとなく気に入っています。


DSCN0951.jpg
作ってきたのはこんなやつ
22:46 育児 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。