03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ブルーエレファント

2006/04/30

前々から楽しみにしていた、ブルーエレファントでランチ。

なぜそれ程楽しみだったかというと、実はここのサンデーブランチ、ビュッフェスタイルなのです。
そうつまり食べたいものが食べたいだけ何度でも食べられる、という嬉しい設定。

12時丁度にお店に到着した時にはそれ程込んでいませんでしたが、気がつけばお店は満員。グループだったので予約を入れておいて良かった。

ビュッフェですが、並べてあったものは10数種類。

20060503213249.jpg

タイ春巻きやシュウマイなどの前菜系からリブやカレー、蟹の炒め物などのメインはもちろんの事、辛いけど病み付きになりそうなサラダ類まで、どれもこれも本当においしかったです。

個人的に気に入ったのがこれ↓
20060503213337.jpg

お野菜と香菜たっぷりのヌードルスープをその場で作って頂けるのです。
細麺、太麺から選べてトッピングや辛さの具合も選べます。お腹が許すならお代わりしたかった。

デザートはこれまた南国系の果物が並び、普段は目にしない果物などもあって面白かったです。

スカートがきつくなるまで食べてしまいました。でもあの病み付きになる辛さや味付け、やはりお箸の国のお料理はおいしい。ぜひとも又行きたいランチです。

Blue Elephant
1120 Ch. de Waterloo、1180 Uccle
Tel:02/374-4962

辛くないものなら子どもも十分食べられます。階段が多いので、バギーの場合あらかじめ伝えたほうがいいかも。
トイレはオムツ換えスペースなし。
ビュッフェは日曜の昼のみですが、お店の案内では、5月?6月中旬から水曜日もビュッフェをするそう。



スポンサーサイト
21:35 カフェ・レストラン | コメント(8) | トラックバック(0)

授業参観日

2006/04/29

ノアがブリュッセル日本人学校補習校に通い始めて早3週目、初めての授業参観です。
現在は父兄からの要望で、国語3時間、算数1時間の授業をしていますが、今日の授業参観は国語です。

日本人学校といえば、日本で一番使われている教科書を配布されていると聞きましたが、今の教科書を見てビックリ。絵や写真が豊富なのはいいのですが、たったこれだけ??という感じ。

私達が小学生の頃はもっとたくさんの文章や字が載っていたと思うのですが、あまりの簡素さにただ驚き。生活の教科書なんて殆んど写真のみで、教える方も大変じゃないのかしら?
まだ語学力差のある補習校なのでこれでもいいのかもしれませんが、日本に住んでいてこの教科書のみなら、学力が本当についているのか、教育ママではない私でも個人的にはかなり心配したかも。
今の日本の学校はこれが普通なの?

さて肝心の授業参観は、なんだか子どもより親のほうが緊張~、そんな中子ども達はいたってマイペース。

ノアが「面白くて、優しくて、先生のこと大好き」と言うだけあって、先生はお若いのかもしれませんが、暴走しがちな子ども達を上手くまとめています。普通の学校が1週間かけてやることをたった1日でこなしていかなければいけないので、教えるのも大変だとは思うのですが、子ども達の関心を上手く惹きながら楽しい授業をしていました。

今の所は、補習校が待ちどおしいようなので、親としては一安心です。個人的にはもっと宿題がほしいけど・・・
21:22 ベルギーの教育 | コメント(0) | トラックバック(0)

サッカーといえば・・・

2006/04/27

ワールドカップも近いのに、出場権を逃したせいかイマイチ盛り上がりに欠けるベルギー、ワールドカップより八百長サッカー賭博の方が新聞を賑わせているような気もしますが、はる~~か昔には赤い悪魔と呼ばれていたベルギーチームの栄光はどこへ・・・?

そんな中、久々サッカーがらみの話題が出ました。

一つは映画館でワールドカップの中継を見られる、ということ。
メッヘレンにUtopolisという映画館があるのですが、ここでサッカーの試合の一部を見ることが出来るのです。
ニュースで流し聞きしたのみなので、詳しい説明を逃してしまいましたが、映画館ならどこよりも大きいスクリーン+音響もしっかりしているので、すごい迫力でサッカーを楽しめそうです。

でも、日本戦は準決勝あたりまで残らなきゃ中継しないだろうなあ、きっと。。。

もう一つは、アントワープ6人衆の1人で有名なデザイナー、Dirk Bikkembergs がプロサッカー選手用のサッカーシューズをデザイン、販売するというもの。
お披露目イベントがあったのですが、シルバー+ブルーの靴は今までのスポーツシューズと比べるとさすがにおしゃれです。
なんとなく色合い的に日本代表チームに似合いそう(日本チームってまだ青色のユニフォームですよね??)です。

ネットや近々オープン予定の各店舗で購入可だそう。興味のある方は↓のミラノイベントの項から写真が見られます。
bikkembergsfootball

何はともあれ日本チームの試合を見たい、今日の一言は、今じゃ天使?

本日のフラマン語
De Rode Duivels.(デ ロード デュヴェル)
赤い悪魔

17:08 こんなもの見つけた | コメント(0) | トラックバック(0)

結婚記念日

2006/04/25

なかなか小悪魔のせいでUPが追いついていきませんが、それは後日また書くとして。。。

今日は私たちの9回目の結婚記念日。パチッパチッパチッ~。

単なる友人期間も含め、年齢に比べると実はとても付き合いの長い私たちですが、当の本人でさえこれほど長く一緒にいるとは思っていなかったのが正直な感想です。。。

いずれは仕事、結婚、出産、そしてもしかすると離婚、再婚(笑)を経験するのならなるべく早いうちに、と思っていた所に加え、折しもマークの日本行きが決まったので日本に行く前に、と結婚したのが既に9年前。あの頃は若かった・・・

遠距離恋愛が2年以上、そして結婚してからも、別居が1年、薄利多売の旅行業界にいた私のせいでお互いの顔を見て話すのは週末のみ、そして比較的穏やかなベルギー生活という中、やり直せるのならやり直したい所はいっぱいありますが、それもまた私たちらしい結婚生活でした。

誓いの言葉にもありますが、幸福な時も幸福でない時も、富める時も貧しい時も、病める時も健やかなる時も、とほぼ全てをともに経験した私たち、また一年仲良く、時には喧嘩しながら共に年を重ねたいのです。

婚姻証明書の写真をアップしようと思ったら、どこにしまってあるか思い出せない。。。いいのかこれで??

今日の一言は、定番でしょう。

本日のフラマン語
Will je met me trouwen(ウィル イェー メット メー トロゥウェン)
結婚してくれますか?
21:19 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

さくら

2006/04/21

ここ数日の陽気のせいか、一気に花開いたベルギーの花たち。
街路もそれぞれのお庭も色々な花が咲いて、一気に春がきました。
さくらも例年より少し遅れて今は満開です。

でも、長い間海外にいすぎたせい(?)か、果して桜かどうか、花を見てちょっと悩んでしまうのは私だけでしょうか。
アーモンドやプラムも似たような花だし、梨やりんごもなんとなく似ているような。。。

そして公園の桜を見ていたらノアのお迎えに大幅遅刻。そういえば、金曜日はいつもより45分もお迎えが早い事をすっかり忘れていました。
魔性の花、桜、恐るべし。。。

これは桜、よね・・・?

DSCN1104.jpg

23:21 ベルギー生活 | コメント(1) | トラックバック(0)

日本のお菓子

2006/04/18

海外で生活する長所の一つは日本各地から来白した人たちと出会うチャンスがあること。
そんなチャンスを生かして実現したのが、日本各地の銘菓を食べよう会。

早速皆で持ち寄ったのは、
山形の『こんにゃくするめ風』
宮城の『萩の月』
じょうようまんじゅう
鎌倉せんべい
岐阜の『飛あゆ』
愛知の『手風琴のしらべ』
愛媛の『一六タルト』と『六時屋タルト』
神戸の『アルテナ』
黒ゴマオタベ?黒ゴマ八つ橋
鹿児島の『かるかん』
あと名前は忘れましたが、梅酢紫蘇に白餡を包んであるもの。
皆さんの地元銘菓はこの中にはいっていますか?

どれもこれもおいしく、更にお抹茶まで点てていただき、おしゃべりにも熱中してお腹も心も大満足の半日になりました。
個人的には黒ゴマ八つ橋がかなりのお気に入りでした。お取り寄席出来るのならお取り寄せしたい。やっぱり日本のお菓子っておいしいです!

お口の中が甘くなったので、夜はしっかり辛ラーメンを食べてしまいました。なぜ、甘いものを食べると辛いものも欲しくなるのでしょう??

23:15 ベルギー生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

イースター

2006/04/17

イースターなので義両親と一緒にお食事を。
そしてイースターに欠かせないのが、卵拾い。本当の卵ではなく、チョコレートの卵をお庭のあちこちに隠しておき、子ども達が見つけて回るのです。

ノアはさすがに心得たものでどんどんバスケットを一杯にしていきますが、海にとっては初めてのイースターも同じ、チョコエッグを一つ見つけるなりいきなりかぶりつき、もうそれで満足そうです。
口の周りはべたべたで、ママのそばには来ないで、という感じですが、初めて口にするチョコの塊に大興奮な海、もうチョコの味は一生忘れないでしょう。
一応、砂糖なしのチョコを買いましたが、さすがに小さいチョコエッグはスーパーで購入したものなので、今夜のハミガキはかなり格闘になりました。

まるでプラスチックのおもちゃのようですが、これもれっきとしたチョコレート100%
DSCN1120.jpg

こんなものも。
甘いのに、シュガーフリーです。
DSCN1124.jpg

22:55 ベルギー生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

映画三昧

2006/04/15

午前中はノアの日本人学校。午後は映画の約束をしていたので、Ice Age2を見に行ってきました。
その後雨が降り始めたので、DVDをレンタルして映画三昧の一日になりました。

まずはナルニア国物語。その後Four Brothers、あずみ2とたて続けに見て、この時点で11時過ぎ。〆は、恒例のMTVアジアンスクリーンでやっていたThe Cure。終わった頃にはコンタクトレンズも乾ききって、目尻のシワが。。。

肝心の感想はというと、
Ice Ageはただ単純に楽しめました。どんぐりを死守しようとするシーンは相変わらず一番お気に入りのシーン。でも、マークは暗闇+ふかふかシートで熟睡してるし。。。

ナルニアはオリジナルを知らないのですが、あちこちで宣伝していたので気になっていたのです。実際見た感想は、微妙・・・
雪の季節のせいか画面上にあまり色も無く、セット自体も目を見張るものでもなく、合成だと分かりきっている場面もあり、同じ児童書の映画化であるハリーポッターと比べても、同時期に書かれた指輪物語と比べても格別に落ちるような気がするのは私だけでしょうか?細部まで手が込んでいないとでも言うか・・・
まぁ、第1章なので次以降に期待します。でも、映画館ではなくテレビ放映かDVDが出るまで待つかな、きっと。

Four Brothersは単に私がキャストがすきなので選んだだけですが、アメリカ的娯楽映画で結構面白かったです。なんとなくオーシャンズ11系。

あずみ2は、この中では一番つまらなかった。これはあずみ1を見ていないから?個人的に上戸彩はかわいいとは思うのですが、彼女の表情も演技も、どことなくどのドラマも映画も同じような気がします。

The Cureですが、すみません結末良く分かりませんでした。役所さんはどうしても失楽園のイメージが強すぎて、いつ心中するの?いつ不倫するの?と勝手に先入観で見ている自分が少しおかしかった。
何はともあれ目が痛い。。。

今日の一言は日本ならさしずめ枕詞に『絶賛』がつくことが殆んど。

本日のフラマン語
Nu in de bioscoop(ヌ イン デ ビオスコープ)上映中

22:38 ベルギー生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

プランケンダール

2006/04/14

せっかくのバカンスなのに、マークは忙しい。
自宅でのんびり仕事をしようにも緊急のメールは幾らでも入ってくるし、時差のある国との電話会議も頻繁にあって、遠出も出来ない・・・
お日様の出ている国に行きたい。。。
仕事のことなので愚痴は言えませんが、仕事を忘れて休んで欲しいと心配になるのです。

そんなマーク、半日時間が空いたので、子どもを連れて久々にメッヘレン郊外にある動物園、Planckendael/プランケンダールへ。

さすがにバカンス中なので平日にも拘らずそれなりに来場者がいました。
このプランケンデール、最初に訪れた時には、「え?動物園?」と驚くほど動物がいませんでした。キリン、象、トラというような動物園らしい動物がいないのです。じゃあ何がいるかというと、普通にシマウマやライオン、サイや色々な小動物はいるのですが、残りは世界中のどこかの農場からもらってきた?ような動物ばかり。多分、1匹1匹をじっくり説明文と共に見ていけば、珍しい動物や希少な動物もいるとは思うのですが、ついついかけあしで見てしまうので、そんな印象を持ってしまうのです。

こんな動物園の目玉はコアラ!
コアラより先にキリンでは?と思うのですが、やはり珍しいだけに人だかり。でもコアラって殆んど動きがないから見ていてもあまり楽しくないと個人的には思うのですが。。。

肝心の子供たちはというとコアラより遊びに夢中。まっいいか、そんなものよね。
半日歩き回ってかなりの運動になりました。でもその分食べたので意味なしです。。。

ずーとサボっていた、今日の一言シリーズ、ノアの学校も始まったので久々に復活です。

今日のそんな一言は、完全な方言。メッヘレンエリアでしか使われていないと思います。たぶん辞書にも載っていないはず。

本日のフラマン語
Meteko(メテコ)
metekowと書くという説もありますが、猿(aap)です。


DSCN1102.jpg

こちらは営業疲れのコアラ。ぬいぐるみでは?と思うほどまったく動きません。
15:14 ベルギー生活 | コメント(2) | トラックバック(0)

お徳用サイズ?

2006/04/12

今日ははるばるMAKROまでお買い物に。

このマクロは法人向けの会員制スーパーなので、雇用主が会員の場合や自営業の方などが対象ですが、会員カードを貸し借りしている人も多いはず。

スーパーといっても侮ってはいけません。殆んど何でも購入できる上、中はバスケットコートがいくつ?というぐらい広いのです。

そして法人向けというだけに(?)全てのポーションがビッグサイズ。
例えば、普段スーパーで買う商品がブックマッチだとすると、ここではお徳用ボックスマッチ、普段が1箱のティッシュなら、ここでは5個組みお得サイズが標準なのです。
殆んどの物が3個パック以上でセット、というのが当たり前なので、買い物はコンビニで十分、という方には向かないお店ですが、ちまちました買い物が苦手なあなたの為に・・・

20060414195141.jpg

ジャムだって3キロいり。。。

バケツ?
20060414195243.jpg

いえいえマヨネーズだって10リットル。。。(ちなみに横は普通サイズ?でも日本より多い550ml入り)

ドラム缶?
20060414195811.jpg

いえいえ油だって25リットル。。。(中央は日本では十分お得サイズの500ml)

ガーデニングの土?
20060414195903.jpg

いいえ一応お砂糖50kg。。。(母よりおもい・・・)

と嬉しくなっちゃう位大判振る舞い。

こんなお邪魔用、お徳用サイズ、使い終わるまでに果してどれくらいかかるのか、試してみたい気もちょっとするのです。



19:53 ベルギー生活 | コメント(0) | トラックバック(0)

イースターの飾りつけ

2006/04/09

イースターマンデーはすぐそこだというのに、イースターの飾りつけもしていない我が家。
今年はもう諦めていましたが、義母が要らない飾りをあげる、と言うので遠慮する事なしに頂きに行きました。

いつも思うのですが,なぜにベルギー人の母親はそんなに時間のやりくりが出来るのだろうと不思議でありません。
周りのベルギー女性もそうなのですが、仕事をし、子育てもし、家事もしつつ、かつ家の中はいつもピカピカ磨かれていて装飾に埃一つなく、家の外もきちんと手入れされ、さらに下着にまでアイロンがかかる几帳面さ。
とても私と同じく一日が24時間とは思えません。

しかもいつもフルメイク、ネイルまで行き届き、ヒール付きの靴。
私が義母のすっぴんを見たのは過去に一度だけです。マークでさえもほとんど見たことがないらしい。

そんな義母なのでもちろん3月末には飾りつけも終わり、我が家がなかなか飾り付けに着手する気配がないので気になって仕方がなかったのでしょう(笑)
いいのです、私の24時間は彼女の4時間くらい、と悟りの境地にいる嫁なので、彼女の干渉にも慣れました。

とりあえず雨が降る前に飾ってしまいましょう。


20060411162308.jpg

23:18 ベルギー生活 | コメント(2) | トラックバック(0)

ぴかぴかの・・・

2006/04/08

気がつけばあっという間に4月。
ベルギーはイースター休暇の真っ只中です。

そんなバカンスの最中ですが、今日は日本人学校補習校の入学式なのです。
そう、ピカピカの一年生。どの子ども達も初々しくて本当に可愛い。つい先日生まれて、立って、歩いて、という感じですがいつの間にかこんなに大きくなるなんて、時が経つのは本当に早いです。

実はノアを補習校に入れるかどうかかなり悩みました。

日本語を学ぶだけではなく、日本文化や日本的考え方を学ぶいい機会なのはもちろんのこと、似たような境遇の子ども達が揃うので何かと為に成る事も多く、通わせるメリットは十分にあります。

が、国語2時間、算数2時間とはいえ、土曜日がつぶれてしまう事。
現地校、補習校、どちらも中途半端になってしまう不安。
人間関係が上手くいくかどうかの不安。
途中で挫折した時の心のケア。
日本に対してのイメージの変化。
お稽古事との兼ね合い。
などなど悩みを数え上げればきりがないほど。

親の自己満足で入れるのは簡単ですが、ノアにとってどれがいいのか、そして先々ノアが学校に行く事に疑問や拒否感を持った時に、きちんと納得させられるかなど、常に自問自答している状態でした。

それに語学の習得は年齢が上がってからでもある程度のレベルまでは到達出来ますが、土曜日に重なる事の多いお稽古事の種類によっては、小さい頃から始め続けなければ単なる趣味で終わってしまう、というのも大きな悩み。
ノアに何が向いているのか、ノアの一生の財産になるのは何か、と悩み出したらきりがないのです。

自分のことを決めるのは簡単ですが、子どものことを決めるのは本当に難しい・・・
なんとか自分の頭の中では整理をつけたつもりなので、これから先、親も子も頑張るしかありません。

今年の一年生は2クラス、計41人からのスタートです。

20060411143923.jpg

22:35 ベルギーの教育 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。