12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ベルギー無差別殺傷事件

2009/01/24

もうニュースで知った方もたくさんいると思いますが、どちらかといえばのんびりとしたベルギーで無差別殺傷事件がおきました。

昨日の速報から今日の新聞・ニュースまでフランダース地域での話題はこれ一色ですが、詳しく教えて、という質問を頂いたので我が家で取っている新聞(Het Laatste Nieuws)とTVのニュース(een、VTM 19時まで)をまとめると、、、

23日午前10時ごろ、ブリュッセルから北西約30kmにあるDondermonde市(Sint-Gillis)の託児所に男が刃物を持って押し入り、乳児2人(8ヶ月、9ヶ月、共に男児)と女性保育者1人(54)を殺害、さらに職員2人、乳幼児10人に重軽傷を負わせた後、自転車で逃走。1時間45分後に数キロ離れた町で警察官に取り押さえられ、昨夜遅く殺人容疑で再逮捕された。

逮捕されたのはデンデルモンデから北へ20キロ、Sinaai に1人暮らしの無職の男性、Kim D(20)で、当初、虚偽の名前や住所などを話していたが、その後動機などについて現在も黙秘を続けている。
逮捕時、男は事件に使われたものとは別の刃物とおもちゃの銃を所持していた。
薬物反応は出ておらず、前科もない。現在、3人の精神科医が責任能力があるかどうかの鑑定をおこなっている。

託児所はKind&Gezin (日本の保健所のようなもの。O.N.E/仏)の隣の部屋にあり、男は「尋ねたいことがある」と入り口の鍵を開けさせ建物内に入ったとみられているが、入り口から一番手前の乳児の部屋を襲った後、隣の幼児の部屋を襲い、その後逃走した。
事件当時託児所には3歳以下の乳幼児18人、職員7人がいた。
病院に運ばれた被害者のうちまだ2人(乳児、職員)はICUにいるが容態は安定している。

というのが現時点までで分かっていることです。

ベルギーはそのお国柄か人柄か無差別殺傷事件というものがほとんどない、というか私が住んでいる過去8年間はそんな事件は起こらなかったはず。
どちらかというと恨みや強盗、人種差別などはっきりした理由のある殺人ばかりでした。
なので無差別殺傷という事件はベルギーに衝撃を与えています。
昨日は皇太子夫妻が現地へ駆けつけたし、我が家が取っている今朝の新聞では12ページにわたってニュースが組まれるほど。

数回通ったことのある町ですが、本当に田舎で平和な場所でした。
かわいい盛りの赤ちゃんを殺されて、35年以上も子どもたちのために働いた家族を殺されて、残された家族はどれだけ悔しくて、やるせなくてショックを受けていることでしょう。

月並みな言葉ですが、なくなった赤ちゃんたちと職員のご冥福をお祈りします。

ちなみにノアと海の学校には敷地内に入る門が10カ所ほどあります。
が登校中はすべて施鍵されていて、唯一あけられているのは、1つの玄関口のみに通じ、そこはドアの開閉にはベルが鳴り、校長と秘書の部屋の前を通らずには建物内に入れないようになっています。がもちろん敷地周りの高さ2.5メートル程のフェンスを乗り越えたりすれば校庭などにも入れるわけで、こんな事件がおきるとやはり心配になってしまいます。

スポンサーサイト
19:47 メディア | コメント(2) | トラックバック(0)

もちつき大会

2009/01/17

3学期が始まり2回目の日本人学校補習校の今日は、もちつき大会が行われました。
今回も学校や保護者の方々のおかげで大盛況。

子どもたちは休み時間にすでに磯部まきを頂いたほか、餅つき後にはすでにパックに分けられた黄な粉もち、さらには搗き立てお餅のおかわりも、とすごい食欲。
もちろん私たちも頂きましたが、やはり搗き立てのお餅はおいしい!!

海も今年のお正月にうまれて初めて食べたお餅以来、すでに3回目のお餅。
実はのどに詰まらせないか怖くて今年まで食べさせていなかったのです。
が、彼は4歳にして初めての味にすっかり虜、口いっぱいに頬張っている姿に、効果があるかは分かりませんが、もしもに備えつい掃除機を探したくなる母なのです。

22:42 ベルギーの教育 | コメント(2) | トラックバック(0)

冬の必需品といえば・・・その2

2009/01/15
teddy・・・元カレと同じ名だわ(笑)


昨日のチェリーピローが大人のためなら、子供用の冬の必需品はこのクマのぬいぐるみ。

ただのぬいぐるみではありません。
この中にはNASAの技術と知能が詰まっているのです!
↑こう書くと大げさですね(笑)

実はこのクマちゃんも丸ごと温められるのです。

まだアメリカに住んでいた頃、小児病棟にいる子どもたちのために似たような商品を使っていて、子ども向けアニマルセラピー??と気になっていました。
実はハグ(Hug)セラピーだったようです。
その後、ノアの2回目のクリスマスに見つけたのがこれ。

Teddy Warmheart社製のこのクマちゃん、お腹の部分にはNASAの技術者によって開発された、サーマルセラミックスと呼ばれる保温性の特殊素材が入っているのです。
文字通り、NASAの技術と頭脳が本当に詰まっているでしょう?

電子レンジで1分、クマちゃんはホンワカと人肌より少し温かい状態で、低温やけどの心配などもありません。
抱き心地やサイズも子供向きで、冬の朝、部屋が暖まるまで、小さい頃のノアがそして海が良くこのテディベアを抱っこしてテレビを見たり遊んでいたのです。

今でもまだ売られているのかな?
ベルギーで売られている子ども用のぬいぐるみ湯たんぽは、中身のみ(さくらんぼの種だったり、お湯だったり)を温めるものが主流のようです。

22:35 お気に入り | コメント(0) | トラックバック(0)

冬の必需品といえば

2009/01/14

中にはぎっしりと・・・


やっと最高気温が5度まで上がるようになり、雨のおかげで雪が完全に消えた今日この頃ですが、相変わらず寒い日々の必需品がこのクッション、Kersepit。
中にはさくらんぼの種がぎっしり入っています。

何でも中身が空洞のさくらんぼの種は保温性に優れているのだとか。

というわけで電子レンジで3分。
出てきたクッションは何時間もほっかほかのままで、ソファーで本を読むときに抱っこしていたり、お布団を寝る前に暖めたりと大活躍。

他にも腰痛や腹痛のとき、肩こりにと体に当てておけば、ジンワリとした温かさが痛みを和らげてくれます。
夏には冷蔵庫で冷やして保冷クッションに大変身とかなりの働き者。

以前は試しに安いものを買ったのですが使い勝手が悪く、このチェリークッションカバーの色と模様に一目ぼれし買い替えて早5年。
何千回と電子レンジに入れられても、毎日毎日しっかり温かい、エコながらおしゃれな湯たんぽなのです。

23:30 お気に入り | コメント(2) | トラックバック(0)

Lost Monday

2009/01/12

公現祭後の最初の日曜日の次の日、月曜日は「Verloren Maandag (lost Monday)」と呼ばれる。
そしてこの日、アントワープ州の各都市で何万個と消費されるのが、「appelbollen」と「worstenbrood」。

爆弾みたい・・・
このアルミカップにのった直径10センチほどの丸い焼き菓子がAppelbollen(アップルボール)。
その名のとおり、パイ生地の中には甘い林檎が丸ごと1個入っている。
切ってみると・・・

一方Worstenbrood(ソーセージパン)はソーセージをパイ生地で包んだもの。
ど~~ん
缶スープの中に入っている肉団子のようなソーセージバージョンというか、インスタントハンバーグのソーセージ版のようなものが1本から2本丸ごと入っている。

どちらも普段パン屋さんで見かけることが出来るけれど、Verloren Maandagにこれらを食べるのがアントワープ州の習慣。

300年も前にギルドハウス(商工業組合)が新年の仕事始めの会合で皆にご馳走したのが始まり、というものや、
肉屋さん・パン屋さんが港の労働者に差し入れたのが始まり、
など諸説はいろいろあるが、今では家庭で普通に食べるし、職場や学校に差し入れがあるところも。

以前はアントワープのカフェではこの日、お客にソーセージパンをサービスしていたのだけれど、近年その数はかなり減ったと思う。
こうやって習慣は廃れていくんだろうなぁ・・・

22:26 こんなもの食べてます | コメント(2) | トラックバック(0)

書初め

2009/01/10

画像 362書初め


久しぶりに参加する、補習校の書初め。
冬休みに練習するように、お手本を頂いていたのですが、親子ともどもぐうたらな冬休みを過ごしてしまい、ぶっつけ本番での参加です。

今年は約100名の生徒が参加ということでいつになく大規模な書初めになりましたが、どの子供たちも真剣な表情で、和紙に向かう姿は圧巻です。

久しぶりに書道セットも開けましたが、筆が少し傷んでいたり、硯が乾燥しすぎていたり、と「弘法筆を選ばず」以前に、弘法が泣いちゃうよこれじゃ・・・と思った午後なのでした。
ノアもさすがにこの頃よりはるかにマシになっていました。
22:39 ベルギーの教育 | コメント(2) | トラックバック(0)

スモッグ警報

2009/01/09

「スモッグ警報が出たら、車のナンバーによっては運転できない日がある」
と聞いたのは年末のこと。
まさか、そんなオリンピック前の某都市じゃあるまいし、と思っていたら、今日の新聞にきちんと掲載されていた。。。

大気汚染の具合によって変わるのですが、新聞によると、1月1日からの新規定では
今までフランダース地域とブリュッセルのリングに該当していたルールがベルギー全土まで広がり、Fiijn stof(fine dustって日本語でなんと言うんだろう??)が70ミクログラム/㎥になった場合、ベルギーのメインの高速道路では制限速度が90km/hに、ブリュッセル市内の70km/hの制限速度が50kmに。(ちなみに今日は85ミクログラムだった)

そしてこれが100ミクログラムになった場合、ブリュッセルの19のコミューン内では、ナンバープレートが偶数・奇数により車の使用が禁止されることに。

さらにこれが200ミクログラムまで上がると、ブリュッセル内では個人の車の使用が一切禁止になる(つまり年一度のノーカーデーの風景が普段にも見られることに。。。)
ということらしい。

つまり、もしひどくなると週末、夫に重いものを買い物に行ってもらおうと思っても、ナンバーによっては諦めなければいけない時が出てくる可能性もあるということに。
さらには、たとえば子供が急病で病院に連れて行きたくても、車を置いてタクシーで行かなければ行けない場合もあるということになるらしい。

誰か反対する政治家はいなかったのか!?
第一あれだけ大量に納められている税金や駐禁・スピード違反の罰金を空気改善のための研究や開発に使わずに一体何に使っているのだろう??

あいにく我が家の車は2台とも奇数。
ナンバー規制にならないことをひたすら祈るばかりです。

ちなみに今日はブリュッセル市内を運転していたのですが、あらゆるところに出現した警察の速度違反カメラのあまりの数の多さに苦笑。
70kmを平気で出している車があったので、きっと大量の違反切符が切られることでしょう。
っていうか、おまわりさん、ほかにも大切な仕事はいっぱいあるでしょうに・・・

23:15 ベルギー生活 | コメント(2) | トラックバック(0)

ごくろうさま

2009/01/08

本日の最高気温マイナス2.5度。おかげで(?)積もっていた雪が少し湿気を帯びたものに変わりつつあります。
正式にクリスマスも終わってしまった今日、街のあちこちで見かけるのは、

元ツリー
家の前に出された「元」クリスマスツリー。

本物のもみの木を買った場合、クリスマスが終わると各自治体や清掃業者が特定日に回収して回るので、外に出しておかなければいけません。
シンタクラースが終わってからの丸1ヶ月、目を楽しませてくれたツリーのお仕事もやっとおしまい。
お役目ご苦労様でした。

画像 361回収中ちょうど引き取りに遭遇。
「写真とっていい??」
と聞くと、テレながらお仕事風景を取らせてくれました。
寒いのに、お仕事ご苦労様です。

ちなみに明日はスモッグアラームが出ています。高速の制限速度規制があるので、お気をつけください。
ブリュッセル市内でも、通常70km/hの道路が50km制限になるところがあるようなので、こちらもお気をつけくださいませ。


23:06 ベルギー生活 | コメント(2) | トラックバック(0)

Driekoningen

2009/01/06
かなりカロリーがあるはず・・・


道路凍結を考えすぎ、緊張してあまり眠れなかった昨夜。
朝起きたら8時30分、、、学校の門が閉まる時間だった・・・

悪あがきはやめてのんびり登校した朝9時半の気温はなんとマイナス11度!!
生まれて初めて目の当たりにした数字でした。

そんな極寒の今日は公現祭(driekoningen/蘭・epiphanie/仏)。
キリストの誕生を祝い東方の3賢者がお祝いに駆けつけた日です。

シェイクスピアの戯曲にも“Twelfth night”がありますが、クリスマスから12日目(12日節)が今日で、この日を境にクリスマスが終了ということを知らない人も今では多いかも知れません。

で、もちろん登場するのはDriekoningentaart(ガレット・デ・ロワ/説明は以前の記事をどうぞ)
今年はさすがの道路状況に縦列駐車する勇気もないので、ベルギー生活初にしてスーパーで買ってみました。

肝心のお味は・・・
まぁこんなものでしょうか・・・(←はっきりいって盛り上がっていない。。。)

もともとこの中身が得意ではないせいもあり、いつもはチョコ味を頼むのです。
が、今回はナチュラルしかなかったので仕方がありませんが、これも季節ものというかイベントものなので、有難く頂くことにいたしましょう。
肝心の王様選びは、切り口にちょうどフェーブが当たってしまい大失敗。
結局お皿をシャフルしてちょうど当たった海が一日王様になりました。
22:55 こんなもの食べてます | コメント(0) | トラックバック(0)

朝起きたら・・・

2009/01/05
一面雪



外がすごいことになっていた。

この2週間のバカンス中、毎日嬉しくなるほど快晴で、連日の氷点下になれたせいか、
「-2℃?今日はあったかいね~~」
と油断していたら、ドカ雪の朝がやってきた。

何も新学期初日に積もらなくても・・・

我が家の周辺では道路交通網は完全に麻痺し、中にはたぶん滑ってぶつけたらしい信号機が作動していないところも(ちなみに夕方になっても修理されていないあたりがベルギーらしい・・・)。

余裕を見て朝8時には子供たちの学校に向かったのに、家に帰り着いたのは普段の4倍以上時間がかかった、なんと10時半過ぎ。
冬タイヤでもやはり5回ほどハンドルが取られて、かなりどきどきしました。(ちなみに積もった雪道を運転するのは生まれて初めて!)
先生方も間に合わず、一時間目は全学年外遊びだったようです。

今夜はさらに冷え込むそうなので、明日の朝の道路凍結に今からドキドキ緊張しているワタクシです。。。

23:07 ベルギー生活 | コメント(2) | トラックバック(0)

年賀状

2009/01/04
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
22:30 未分類

謹賀新年

2009/01/04
画像 351fire



ベルギーではさっさとバーゲンに突入し、仕事始めの方も多いかも知れない今頃ですが・・・

明けましておめでとうございます。

ベルギーだけではなく
世界中のあちこちで
たくさんの涙が流され、
たくさんの血が流され、
精神的にも
物質的にも
たくさんのものが失われた2008年。
今年こそは
どうぞ
ささやかな幸せを願うすべての人々に
ささやかな夢や希望をもつすべての人々に
光が満ち溢れますように。。。



なかなか更新がはかどらないにもかかわらず、ここを訪問してくださる皆様。
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
皆様にとってより良き一年になりますように。

>>続きを読む・・・
22:15 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。