06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

日本女性

2009/07/19

喧騒とは無縁


少し前の話になりますが、素敵な3人のお姉さま方とブリュッセルーメッヘレン間にあるお店でランチ。
お店のあちこちにあるガラスアートがかなりワタクシのツボにはまりました。

カメレオン??
このほかにも、かわいいカエルのガラス細工もあり、こちらも持って帰りたいほど。

肝心のランチは少しずついろいろなものが出てくる、食材の組み合わせが珍しい、と星付きらしい内容でした。

これがお腹の中に・・・


個人的には最後に出されるプチフールがヒット。
味は普通ですが、小箱に入って出てくるので、最後に残ってしまってお持ち帰りしたいと常々思っていたことが即解決の嬉しいサービスです。

ご一緒させて頂いたお姉さまお二人は結婚適齢期に近いお子さんたちがいらっしゃるのですが、お二人とも本当に可愛らしい方々。
自分が子どもで、こんなに可愛いママが自分の親だったら、とてもとても反抗なんて出来ませぬ・・・

同年齢の国際結婚された女性とはまったく雰囲気が異なるのは、生活してきた国のせいなのか国際結婚と駐在の違いのせいなのか?
色々なことに興味をもち、挑戦し、お料理も上手でしっかりしていながら可愛らしいお母様。
憧れますなぁ・・・

Kasteel Diependael
Tervuursesteenweg 511
1982 Elewijt
Tel:015-61.17.71


スポンサーサイト
20:47 カフェ・レストラン | コメント(0) | トラックバック(0)

Tournee generale ビール

2009/07/17

ご連絡>Knackweekendについてメールを下さった方へ。
残念ながら店頭では最新週刊のみの取り扱いになるため、先日取り上げた号はバックナンバーをお願いするしかないと思います。
記事のみでしたら発行元ウェブサイトのアーカイブで見られますよ~。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて、火曜日の21~22時前後にCanvasチャンネルで放送されているのが、Tournee Generale(再放送は金曜夜23時前後)。

ベルギービールめぐりの旅と称してベルギー各地の醸造所を巡り、オリジナルのビール造りを求めて・・・というような内容ですが、ビールの種類・製造方法の違い、各地の案内や工場風から昔ながらの醸造所までの紹介とビール初心者には興味深い内容になっています。
残念ながら番組内使用言語はフラマン語・英語半々ぐらい。

そしてお店で見つけたのがこれ。

はたしてお味は・・・

Tournee Generaleビールです。
750ccのコルクで栓のされたこのビールは曰く「フィルターを通していない琥珀色でハーブのバランスが取れた」アルコール度数6.5%のビール。
はたしてお味のほうは・・・
飲んだらまた報告しますね。

14:57 こんなもの見つけた | コメント(0) | トラックバック(0)

ベルギーの紳士

2009/07/15

前回の日記からアップありダウンありと色々なことがあったものの、やっと気持ちの整理がついたので久々に更新です。

ヨーロピアンコミッショナーやMinister of Stateなども経験した政治家のKarel van Miert氏が先日亡くなりましたが、実は彼はマーク方の親戚でした。

ベルギーの政治を語れるほどベルギーを知らない私なので、お会いしても政治の話が出ることもほとんどなく、政治家というより頭脳明晰なおじさんという印象でした。
でも亡くなられた後、メディアの取り上げ方や歴代の首相や各政党党首の彼に関するコメントを聞いたり、お別れの会にベルギー皇太子がいらっしゃっているのを見て、色々な意味で素晴らしい政治家だったんだ、と亡くなったのが悔やまれてなりません。

最後にお会いしたのが2ヶ月ほど前。
その時も「来週から~に行って、そのあとは~に出かけて・・・」と相変わらず忙しい様子で、マークと「年齢のわりに忙しすぎるから体に気をつけて欲しいね」と話していたばかりでした。
亡くなる数日前のマークとの電話でもなんら変わったところもなかったらしく、しばらくマークはかなり落ち込んでいました。


いろいろ気にかけてくださったのに何のお返しも出来なかった・・・

きっと、こんな若い娘っこから何のお返しも期待してないよ、といつものように猫のふさふさ尻尾を足元に絡ませながら笑うのでしょうが、もうその姿を見ることもありません。

さよならも感謝の気持ちも伝えることの出来ない突然の死は何よりも悲しく、いろいろな事が心残りで、自分がどれだけ沢山のことをおろそかにしているのか思い知らされます。

ご冥福をお祈り申し上げます。

22:56 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。