04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

今年初の

2012/05/28

今年初の自宅BBQ。

火おこしの時にいつも喧嘩になるのは、なぜだ??
スポンサーサイト
03:41 ベルギー生活 | コメント(2) | トラックバック(0)

夜中のキッチンと乱心の一歩手前

2012/05/25
しばらくは十分



昨夜は、ノアの誕生日用に学校に持って行くケーキをせっせと作成作業。
今年のリクエストは、クマとブタのチョコレートカップケーキ、30個也。

昨日は夕方5時の時点で外はびっくりの30度越えという、夏日の熱気が家の中にもこもっている中のオーブン作業で、キッチンは一体何度??という嫌になる暑さの中、ひたすらカップケーキを焼き続ける、ワタクシ。
あまりの暑さに、室温に戻しておくはずのバターは、包み紙を持てないほど柔らかくなり、冷蔵庫で固めても、ホイップを始めるとすぐにマヨネーズのようにトロトロになり、空気を含ませることも出来ないほど。

夜、そして暑い上に、キッチンどころか家中にムンムンと立ちこめる濃厚なチョコレートの香りに、暑さに弱い私は本気で精神状態がどうにかなってしまうかと一瞬思ってしまった。。。
多分、今年のケーキには、愛どころか怨念が詰まっていたかもしれません。

我が家の大量にあったチョコレートが、一気に消費できて良かったとはいえ、もう当分、チョコレートケーキは見たくありません。。。


23:42 ベルギー生活 | コメント(2) | トラックバック(0)

これ以上脱げない。。。

2012/05/24
只今、お迎えの時間、16時。
外の気温は、快晴の28、5℃。


確かに良い天気になれ、と数週間前は震えながら祈ったけれど、、、

暑すぎや!!
23:02 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)

SONGLIM-松林

2012/05/16

ブリュッセルで韓国料理といえば、日本人の方に馴染みなのは「ソウル」ですが、ここのマダムから伺っていた新店舗がオープンしたということで行って参りました。

新しいレストラン「SONGLIM」は閑静なヴィラが連なっているKeerbergenの真ん中にあります。

Keerbergenといえばゴルフ場があり、以前この近辺で家探しをしていた時に見に行った売り家は、庭から直接グリーンに出られるという、有り難いのか有り難くないのかよくわからない物件でした。
他にもこの近くの池に面した友人宅は、こちらもまた庭から直接池に出ることが出来、パーティーに行くとジェットスキーやボートを楽しんだり、とちょっと変わった物件が多いのも特徴です。

新しいレストランはブリュッセルとは全く違い、ベルギー・フレンチレストランと言われれば信じてしまうほど、かなりシックなベルギー的内装です。
こちらの店舗では日本人シェフによる日本食も供していて、三辰や和太郎でも働いていらっしゃったというシェフの作る日本食は、本当の日本食。

シャンパンを頂いた後は、
突き出し(あ、もう一個写真忘れた、、、)、
久々の貝ウマウマ

お寿司や
トロウマウマ
ビビンバウマウマ

石焼ビビンバ、その他に、焼き鳥、ブルコギ、天ぷら、カキフライ、カリフォルニアロールなどをシェアで頂いて、さすがにお腹いっぱいです。
お値段はブリュッセルより若干高めですが、ほとんどアジア人がいないこのエリアで、このお値段で勝負というその心意気に拍手です。

SONGLIM
Haachtsebaan 109
3140 Keerbegen
Tel:015.52.57.50
Open:12~14h30、18h30~22h(月・火昼休み)


23:05 カフェ・レストラン | コメント(4) | トラックバック(0)

可能性のドアを開ける

2012/05/13

ノアのコミュニオンから早5年、今年8歳になる海もコミュニオンを迎えました。
ノアと同じく宗教を特定していないので、こちらも同じく自由思想による倫理のお式になりました。

自由だ!


今年のテーマは「自分とは、そして人とは」。
一人一人、自分は一体誰なのか、何になりたいのか、ということを発表していきます。

僕は、、、

その後、今年のテーマに沿って、子どもたちが自画像や友人の顔をお互いに描いたり工作している間に親たちはシャンパンタイム。
最後にスポンサーであるUVVとVUB(ブリュッセル自由大学)からプレゼントを頂き、式は終了です。

ちなみに表題は、自由思想団体の来賓の方のスピーチにあった言葉。

「親というものは、常に子どもを愛することは当然のことである。
そして親の仕事は、子どもに何が正しく何が間違っているのか、人生の指針を示すものであり、未来に向け子どもの可能性のドアを大きく開けてあげることであることを、決して忘れてはならない。」


23:05 育児 | コメント(4) | トラックバック(0)

記念日のプレゼントは、、、

2012/05/10

先日15回目を迎えた結婚記念日ですが、今年はきちんと覚えていたマークからのプレゼントは、、、

新しい愛車ちゃん


BMW X3です。

前に乗っていた3シリーズのツーリングは既に9年、走行距離18万kmになっていて、しばらく前から買い替えを考えていたのですが、愛着がありすぎてなかなか踏み切れず。。。
でも一昨年の豪雪で冬タイヤを履いているにもかかわらず初めて身動きが取れなくなって以来、どうしても四駆に乗ってみたかったのです、歳を取る前に。

外国へ車で行ったこともなければ、仕事に使う訳でもない専業主婦がなぜこれ程走っているのか、はなはだ疑問ですが、車がなければきっと離婚していたかも。

そんな結婚生活の救世主は当時のベルギーでは珍しかった、TVや車内電話、その他ほぼ全てのオプション付きの上、メンテや車検なども全てBMWディーラーガレージにお願いしていたせいか、現物を見ずに下取り価格を提示してくれ、おまけに新車も期待していたよりも割引有りということで、マークは清水の舞台から飛び降りちゃいました。。。

アイドリング・ストップになかなか慣れず、縦列駐車がまだまだ怖くて恐る恐るですが、非常に乗りやすくて、当分はあちこち用もなく出歩いてしまいそうです。。。

22:58 ベルギー生活 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。