02月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫02月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

バレンタインデーも近い2016・その8/Patrick Roger

2016/02/14


バレンタインデーですね。(って実はこれをアップしているのは、すでに3月8日。。。前回の記事をあげてから、娘の大学入学説明会が続いたり、インプラントの準備で連日歯医者に行ったり、我が家にホームステイの子が滞在していたりとバタバタしておりました)

さてさて、そんな遅くなってしまった、バレンタインデーまで色々なチョコレートを紹介する「バレンタインデーも近い2016」の最終日は、





Patrick Rogerです。

こちらのショコラティエに関しては、色々と思うところがあり、今まで取り上げたことがなかったのですが、2月の初めに日本の友人からここのチョコレートをリクエストされ、日本未発売という事を初めて知りました。

他国のものでベルギーにはあって日本に無いものがあるなんて!!

そんなパトリック・ロジェの店舗は、チョコレート激戦区のサブロン広場にあります。
ミントグリーンの看板が目立つこのお店ですが、世間はバレンタインデー前の時期、あちこちのショコラティエが赤や華やかなパステルカラーで気持ちを盛り上げている中、



オランウータンのチョコレート彫刻です。
そう「味の彫刻家」とも言われる彼のお店のショーウインドウでは、一年を通して、様々なチョコレート彫刻がお目見えして、買い物客の足を引き留めています。

場所柄かひやかしのお客さんも結構多く、人の出入りは多いのですが店内の隙のないオシャレさに気圧されます。
スープを残したら怒られそうな店主のいるラーメン屋さんとか、巻物を最初に頼むと怒られそうな板前さんのいるお寿司屋さんとかに通じるものがありそうで、個人的には敷居がちょっと高めのお店です。

そんなお店のチョコレートは





ネットリジャリジャリ系が多いのが特徴です。
ガナッシュ系のチョコレートは口溶けが良いというよりも、歯にまとわりつきながらネットリと濃厚に溶けていき、プラリネ系は噛むとザクザク感が楽しめるのですが、糖分としっかり絡み合ったナッツ類が奥歯にしっかり詰まっちゃうような、ネットリジャリジャリ系です。
どれも濃厚でカカオの味がしっかり残るチョコレートは、大量には食べられませんが、一粒でしっかり満足できるチョコレートです。



そしてこちらもアーティスティクな色合いのドーム型チョコレートは、一口噛むと中からかなり酸味の効いたセミリキッドのクリームがインパクトを与えます。
酸味とチョコのビター加減の組み合わせはさすがとしかいいようがありません。

お値段はちょっと高め、といっても写真のロングタイプのボックスでも重さを測ると実は480gぐらいあり、結果的にピエール・マルコリーニとほぼ同じお値段ですが、日本での値段を考えるとかなりお得感があります。
万人向けというよりちょっと気合いの入った特別なチョコレート、という方がぴったりですが、日本未出店ということもあり、日本のチョコレート大好きな方へは喜ばれること間違いなしのショコラティエです。

今年のチョコレート紹介はいかがでしたか?写真を撮ってあってもまだアップ出来ていないショコラティエもまだまだあります。来年こそはきちんとバレンタインデーまでにすべてをアップ出来ますように。。。




スポンサーサイト
22:33 チョコレート | コメント(2) | トラックバック(0)

バレンタインデーも近い2016・その7/Galler

2016/02/13


ワタクシ、気付いてしまいましたの。
マークの髪が私のシャンプーの匂いがすることに。
毎年一時帰国の度に持ち帰っている日本のシャンプー。自分のは使わずに、そんな私の貴重なシャンプーを使っていることが判明。どうりで減りが早いと思った。そんなシャンプーの謳い文句は
「トップのボリュームで見た目は年齢は変わる」。
あなた、十分年齢より若く見えると思うけれど、気にしていたのね。。。

そういえばワタクシ、気付いてしまいましたの。
先日行ったコスメ店でえらく熱心にメンズ用アンチエイジングのクリームをチェックしているマークに。
ダンディーなおじ様になって欲しいのに、あなた、シワが気になり始めたのね。

そしてワタクシ、気付いてしまいましたの。
海までもが同じ匂いがすることに。
11歳、、、見た目年齢変わらなくても結構です!子供用の2in1どころか、頭のてっぺんから足先までボディーシャンプーで十分です!

さてさて話はガラッと変わって、バレンタインデーまで色々なチョコレートを紹介する「バレンタインデーも近い」シリーズです。今年は連日職人系のショコラティエばかりだったので、2016年版7個目はスーパーで買えるこちら



Gallerのホワイトチョコ、フランボワーズヨーグルト味です。
ヨーグルトならフランボワーズやイチゴ系が好きな方にはどんぴしゃりの商品です。



ホワイトチョコにしてはちょっと硬めのタブレットタイプで、噛むと少しねっとりとしたホワイトチョコ特有の食感があります。まさしくフランボワーズのヨーグルトを忠実に再現したかのような味です。ヨーグルトもしっかりと主張しつつ、フランボワーズの風味もしっかりありつつ、でもフランボワーズのホワイトチョコにありがちな香料くささがありません。甘みもホワイトチョコとしては控え目です。
スーパー販売商品とはいえ、さすが王室御用達です。贅沢をいえば、これでフランボワーズのプチプチ感があればなお良いのですが、舌触りが気になって嫌な人もいるのかな?個人的にはフランボワーズといい、イチジクといい、イクラや明太子といい、あのプチプチが好きな私としては、ちょっとだけ残念です。

でも、久しぶりにタブレットタイプでリピートをしている商品で、常にお菓子ボックスにストックがあるほど、今のお気に入りの一品です。
スーパーでたまにはちょっと違うチョコを買ってみたい方、普通のホワイトチョコが苦手な人にも試して欲しいチョコレートです。

<本日のおまけ>
今年の海のカーニヴァルの衣装はライオンでした。
髪の毛の「トップのボリュームで年齢が変わる」、全然意味無し!!


23:19 チョコレート | コメント(0) | トラックバック(0)

バレンタインデーも近い2016・その6/Jacques Torres

2016/02/11


世間はクロッカス休み(カーニヴァル休みともいうけれど)の真っ最中。
もちろん学校が休みなので、子供のお付き合いの送迎にあちらへこちらへと運転手に明け暮れております。
そんな中、娘は友人達と映画のレイトショーに行って帰宅は深夜。実は今週は某大学進学説明会及びオープンキャンパス週間。もちろん娘も参加登録しているのですが、早朝に起きるのが辛いらしく、八つ当たりされる母。。。時々本当に母親業をリストラ、もとい、自主退職したいと思う。。。

さぁ、ストレスに負けないためにも、チョコレートを食べて気持ちの切り替えです。というわけで、バレンタインデーまでチョコレートを紹介する「バレンタインデーも近い」シリーズ、2016年の6弾目は再びアメリカのチョコレートのこちら





Jacques Torresです。

もともとフランス出身のトレス氏 、パティスリーシェフとして数店で働き、時には教える立場になったのち、2000年に彼の名前を冠したショコラトリーをニューヨークにオープンさせたとか。26歳という当時最年少で、M.O.Fを受賞した彼は、アメリカではミスターチョコレートと呼ばれているそうです。

そんなミスターチョコレートのチョコレートはこちら



フランス人ショコラティエなんだけど、見た目はどこかアメリカンなチョコレートです。味の方も同じ感想です。
どれかが突出してお勧めというわけではなく、全体的に均一に美味しいです。でも、ヨーロッパで食べるフランス人またはベルギー人ショコラティエのチョコレートとは、なんだか微妙に違うのです。うーむどこが違うんだろう。口から鼻に抜ける風味?口に残る余韻?私の凡人舌では上手く分かりませんが、フランス人が作る、という先入観がありすぎなのかもしれません。

パッケージも可愛いし、ニューヨークのお土産チョコとして喜ばれることは間違いありません。
チョコレートドリンクがお勧めらしいので、次回は是非とも挑戦してみたいけれど、個人的には彼の作るスイーツを何よりも食べてみたいなと思うショコラティエです。


22:13 チョコレート | コメント(0) | トラックバック(0)

バレンタインデーも近い2016・その5/Pierre Marcolini

2016/02/09

只今絶賛空きっ歯中の私、散々マークにからかわれている最中です。
「うちの奥さん、お歯黒してます~。一本だけ~」とか、「カーニバルの季節で良かった。大口で笑うだけで海賊に変身できるね~」とか。余計な知識ばっかり増えやがって。。。

ではでは気を取り直して、「パーレイ」、いやいやバレンタインデーまで様々なチョコレートを紹介する「バレンタインデーも近い2016」の5軒目はこちら



ピエール・マルコリーニの冬バージョン2016で、クリスマス前から出始める「Les Cristaux de Glace」(氷の結晶)です。
皆さん覚えておいででしょうか?去年、あまりにも小粒すぎて長さを測ってしまった雪の結晶チョコレートを?

性懲りもなく買ってしまいましたの、今度は氷の結晶を。

どんな物かとワクワクして箱を開けてみると、雪の結晶同様、6種6個ずつの計36個がキチンと並んでいます。
形が双四角錐から変形の六角になっていたので、おお~大きくなっている!きっと「小さ過ぎる」と苦情が沢山あったんだな(私のように)と思ったら、写真の中程を注目です。

底の部分はぺったんこで反対側がない!!!どうやらサイズ的には変わってないようです。

いや、美味しいんですよ。美味しいのですが、もうちょっと大きくしても。。。
ちなみにお味は去年と同じ6種類です。(お値段も一緒です)

雪、氷ときて来年は果たしてどんな結晶になるのか気になりますが、それよりも来年の形とサイズが気になるチョコレートなのです。



22:41 チョコレート | コメント(0) | トラックバック(0)

バレンタインデーも近い2016・その4/WILLIAM CURLEY

2016/02/07

ベルギーではサロン・デュ・ショコラが絶賛開催中ですが、残念なことになっているアンジェリーナは果たして行けるのか?
我が家でもショコラ祭り開催中、ということでバレンタインデーまで色々なチョコレートを紹介する「バレンタインデーも近い」シリーズの2016年版、4軒目は在イギリスの友人である美人マダムから頂いたこちら



WILLIAM CURLEYです。

The Academy of Chocolateでイギリスのベストチョコレートに4回選ばれるという程、味はお墨付きなことに加え、奥様が日本人ということもあり、在イギリスの日本人には有名なお店だそうです。多分日本の媒体には詳しく取り上げられているのではないでしょうか?

そんなお店のチョコレートは



ビターでカカオの味がはっきりとしていて、初期の頃のピエール・マルコリーニに似ています。
個人的には非常に好みで、2~3個は1度に平気で (多分チョコ好きなら一箱) ぺろっといけます。

チョコレート一覧を見てみると他のお店には無いような味のコンビネーションが多く、目移りしてしまいそうですが、紫蘇にスダチ、山葵、山椒、黒酢や柚子などの和風の素材を使ったチョコレートは、是非とも試して欲しい一品です。特に柚子は今まで食べた各ショコラティエの中では一番好きかもしれません。黒酢は思ったよりかなりマイルドで、黒酢というよりバルサミコクリームに近いような感じです。
そして出来れば、フレッシュなうちにさっさと食べることをお勧めします。というのも、2粒程少し日にちが経ってから食べると風味がかなり飛んでいて、勿体ない~!と後悔しちゃったので。

リストにチェックを入れたい程、次に挑戦したいフレーバーは色々ありますが、煎り胡麻に柚子、黒酢と続けて食べていくとチョコレートというより、何か体に良いサプリでも食べているような気になるチョコレートです。



22:21 チョコレート | コメント(0) | トラックバック(0)

バレンタインデーも近い2016・その3/Vandenhende

2016/02/05

抜歯をしたので、唇がアンジェリーナ・ジョリーに憧れてボトックスを入れたけれど失敗、みたいになっております。
抜歯ってメンタルへのダメージがハンパない。。。残り30本、人間の歯もサメみたいに次から次へと生えてくればいいのですが(泣)

残念なことになっているアンジェリーナでもまだまだ食べますチョコレート。
バレンタインデーまで色々なチョコレートを紹介する「バレンタインデーも近い2016」の第3弾は





Vandenhendeです。
このお店のご近所さんだった友人からのお勧めショコラトリーは、街中にあり地元の人に愛されている典型的なお店です。お店のすぐ奥には工房があり、ドアを全開にしていてもチョコレートの匂いが充満している店内は、お客さんの入るスペースが1畳半ぐらいしかないので、イースターやサンニコラの時期には本当にギュウギュウ詰めです。そこに妙な連帯感が生まれているのもベルギーらしいといえばベルギーらしいのですが。

そんなお店のチョコレートは、



どちらかというと甘めのチョコレートで、ヘーゼルナッツなどナッツ系の含有率が高いタイプのチョコレートです。定番系の味がほとんどなのも、地元民に支持されている理由の一つかもしれません。特に今風のビターなチョコレートが苦手な方にお勧めです。ちなみに塩キャラメルなどは、今まで食べた中では一番塩が効いているタイプです。

そしてチョコレートの他に是非とも試して欲しいのがこれ



フォンダン・オ・ショコラです。フォンダンですが、しっかり目に焼いてあるケーキは一本丸ごとでも、1人分ずつからでも購入できます。1人分とはいえ、チョコレートがどれだけ入っているの?という程濃厚で、日本人なら半人分でも十分満足出来ます。ちなみに写真は17㎝で3~4人分。1人分って一体何センチ??

そしてお店にはなかなか行けないという方のために、この店が特別なのは、MOViN'CHOCOLATESとして、水曜日から日曜日の間、ウォルウェーやボワフォーなどのマルシェでチョコレートを購入できることです。
お店でチョコレートの匂いに包まれるも良し、いつものマルシェでのお買い物のついでにちょっとだけ買うのも良しのショコラトリーなのです。

Vandenhende
Chausee de Waver 643,
1040 Etterbeek
Tel: 02 644 63 00




22:07 チョコレート | コメント(0) | トラックバック(0)

バレンタインデーも近い2016・その2/KEE'S CHOCOLATES

2016/02/04

バレンタインデーまで色々なチョコレートを紹介する、「バレンタインデーも近い2016」の二軒目のチョコレートはアメリカからのこちら



KEE'S CHOCOLATESです。

先々月かな?ニューヨークに行ったのですが、クロナッツを買いに行った途中に偶然見つけたお店です。
(余談ですが、クロナッツ美味しかった!!)
2002年の半ば、マカオ出身のKee Ling TongさんがSoHoエリアにオープンした一見すごく地味なお店ですが、チョコレートのクオリティの高さに驚くと思います。かく言う私も前評判もチェックせずに購入して、その外観と味とのギャップに驚いた1人です。今ではここ以外にミッドタウンに2店舗展開しており、チョコレートは現在そちらの方で作られているということなので、もしかしたらそちらの店舗の方が選択肢が多いかもしれません。

一般的にベルギーのチョコレートは味が落ちるので冷蔵庫には入れないように、という所が多いのですが、ここのチョコレートは冷蔵庫保存で1週間以内に食べてとのこと。この賞味期限が短いということだけで期待が高まるというものです。
そんな賞味期限の短いチョコレートはというと





箱も良く言えばナチュラルですが、中身も地味~。本当に地味~。
表面のプリントがあるわけでもなく、デコレーションなどが入っているわけでもなく、本当に普通のtheトリュフチョコ!という感じです。が、口に入れた時の溶け具合、フレーバーの広がり、クリームの含み具合、ビターのギリギリ手前の甘さ具合といい、お店とチョコの見た目からは想像もしていなかった美味しさです。
実はアメリカは19年ぶりぐらいだったので(ハワイは別として。あそこは私の中ではハワイ国)、昨今のアメリカチョコレート事情は分かりませんが、いわゆる昔ながらのアメリカのチョコレートとは完全に別物です。
もっと買ってくれば良かったと後悔してもすでに遅し、夫の出張にはお願いしようと目論み中です。

Kee's Chocolates SoHo
80 Thompson Street 
New York, NY 10012
Tel. 212 334-3284



22:03 チョコレート | コメント(0) | トラックバック(0)

バレンタインデーも近い2016・その1/Centho Chocolates

2016/02/02

あっという間に2月です。しかも2016年!いつの間に1年経ってしまったのかと愕然としますが、遅ればせながら明けましておめでとうございます。皆様の年末、年明けどころか2015年はいかがでしたか?私は相変わらずぐうたら生活、いえいえ病弱生活中で12月には又もや救急に行く羽目になり、サクッと手術で記念すべき人生10回目の全身麻酔を受けてきました。
年明け早々のマンモグラフィーでは乳腺線維腺腫で引っかかり、この先2年、半年毎の検診が決定の上、歯のインプラントの予定もあり、これから来る請求書の事を考えてセールに心踊ることもなく一月終了。。。チーン。

さてさて気を取り直して、毎年恒例、バレンタインデーまで色々なチョコレートを紹介する、「バレンタインデーも近い」シリーズ、11年目となる2016年の第1弾は



fc2blog_20160205082241e7d.jpg

Centho Chocolatesです。
閑静な住宅街の中に店舗を構えるこのショコラトリーは2002年創業、ショコラティエであるDecoster氏の子供達から名前をとった家族経営のこじんまりとしたお店です。

実は以前こちらでも取り上げたことのある、ベルギーチョコレートのアンテナショップ(残念ながらこちらの店舗は閉店してしまいましたが、、、)で取り扱っていたショコラトリーの一つです。
ご自身のチョコレートとしては2013年にキャラメルのプラリネでワールドチョコレートアワードの金賞を受賞、とその味はお墨付きです。

さてそんなお店のチョコレートは

fc2blog_2016020508231087f.jpg

店舗内の写真からでも分かるように、ほぼ全て同じサイズの角型です。
が、このお店のオリジナル色を出しているのがフレーバーの層です。

fc2blog_20160205082358fba.jpg

写真では分かりにくいかな(断面図ってどうしてこんなに難しいんだろう)?
中心がフレーバーのゼリー、それをガナッシュで挟み更に表面を薄いチョコでコーティングしてあります。
一口噛むとそれぞれ違った歯ごたえとチョコレートの風味、そして各フレーバーが口に一度に広がるのです。

肝心の味はというと、非常に私好みです。
濃いけれどくどくなく、しっかりとフレーバーが感じられるベルギーらしいチョコレートでありながら新しい味にも挑戦しつつ、でもあまり先走りしすぎない感じでしょうか。
お勧めはやはりキャラメル系で、数種類ありますが、どれもハズレなしに美味しいです。
その他にも、サクラやユズといった日本人なら反応してしまう味も試して欲しい他、野イチゴにマシュマロという組み合わせのFragolaも捨てがたいです。
そして個人的にはミラベルが大ヒットです。ヨーロッパに来て初めて知ったミラベルという果物は、一時期しか出回らないプラムの一種ですが、これをチョコレートに入れているのは今まで食べた各種チョコレートの中でもここだけです。

お店の方たちの雰囲気も良く、道路に小さい道案内看板があるとはいえ、カーナビがないとまず辿り着けないような場所ですが、行く価値のあるお店です。

Centho Chocolates
Veeweidestraat 3, 
3080 Duisburg





20:25 チョコレート | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。