09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

補習校卒業式

2012/03/17
早いねぇ。。。


今日はノアが6年間通った、ブラッセル日本人学校補習校の卒業式でした。

入学式の日から6年間、遠足も運動会もお天気に恵まれたこの学年の卒業式は、もちろん肌寒いながらも晴れ。
国歌斉唱に始まり、卒業証書授与、先生や来賓の方の話と続き、「蛍の光」や答辞、「旅立ちの日に」の頃には、涙腺が危うく緩みかけるところでした。

この6年間に費やした 学費 日々を思うと、涙も出てくるというものです。
いえいえ、アットホームでほのぼのとした、いいお式でした。

日本語の勉強もですが、一年目のU先生には学校と日本語を勉強することの楽しさを、2年目のT先生には日本人としての意識とマナーを、3年目、4年目のY先生、T先生には人の多様性や世界の広さを、そして5・6年目のS先生にはこれから先、どのように生きていけるか可能性を広げてもらったような気がします。
特に、S先生がいなければ、中学部に進むことはまったく考えてもいなかったでしょう。
先生はもちろんのこと校長先生方にも温かく見守っていただき、特に最初の校長先生と遊んだ思い出は、今でも消えることがないようです。

そして何よりも、海外で育つ同じような環境や立場で育った友人を作ることができたのは、日本人学校へ行ったからこその財産でした。

小さかった子どもたちがいつの間にか大きくなり親の背を超え始め、反抗期が見え隠れする中、似たようなことで悩んだり笑ったり、相談できる友達は、通知表の2重丸より価値あるものだと、さよならの挨拶で頬キスをする国際児たちを見ながらしみじみと思った一日でした。

夕食はお祝いで外食、、、と思っていたら、さっさとお友達とお泊りの約束をして、お泊りに出かけて行ってしまったノア、親離れなんてすぐですなぁ・・・

おいしかった

21:48 ベルギーの教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。