09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

時間外の学校

2012/09/18

というわけで、先日は学校でのfuif。
fuifとはパーティーそれもDJやディスコライト、レーザー光線などがあるダンス系パーティーのこと。
そこはベルギーですので、クラブ系というよりディスコ系ですが。。。

子どもたちが通う学校では、幼稚部、小学部は新学期が始まってすぐに、「親も子どもも新しいクラス(メート)に慣れて交流を深め、一年楽しもう」という名目のもと、このパーティーが幼稚部は17時から19時まで、小学部は19時から22時まで開催されます。

ちなみに中等部と高等部では学期末に開催され、こちらは学年度末の打ち上げが目的。
中等部は19時から23時まで、高等部は真夜中まで踊り狂います。
中にはリムジンで乗り付けるグループもあり、すごく楽しそうなのですが、保護者は立ち入り禁止なのが残念です。

海のほうは保護者もオッケーなので、当日8時頃到着すると、色とりどりの光線が走る体育館が既に熱気でムンムンするなか、子どもたちが踊り、遊び、飲食中。
一方、保護者は体育館やバーへと変身したカフェテリアで、飲む飲む喋る。

ベルギーでは普通なのかどうか分かりませんが、この学校は親同士が仲が良い場合が多く、お迎えの時間なども校門でかち合えば頬にキスし合うほど。
たまに会うならまだしも、毎日会うのに頬にキス!?と驚き、落ち込んだこともありましたが、初めて頬キスをママ友から受けた時はちょっと感動した単純なワタクシ。
保護者の仲がいいのにはこういった飲食が伴う会が数ヶ月置きに開催されることも関係あるのかもしれません。
もっと多くの親と仲良くなりたいのですが、仲良くなるということもかなりのエネルギーを必要とするんですよねぇ。。。

次の日は補習校があるので9時半頃には退出しましたが、たくさんの子どもたちが真っ暗な学校の敷地内でそれはそれは楽しそうに走り回って遊んでいました。

ベルギーには学校の怪談とかはないのだろうか!?と素朴な疑問。
怪談話のない学校なんてつまらないではないか。


23:38 ベルギーの教育 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
Fuif楽しそうだね~♪子供だけでなく保護者のためでもあるのね。
うちも子供がまだ幼稚園の時にFuifに行ってみた事があるけど、暗くないしPlopやらPiet Piraatやらの曲ばっかりで全然盛り上がってなかったよ。
もっと大きくなると楽しいのかな~?
毎日学校で会ってるのに、親同士がキスって仲が良いね~。ちょっと面倒臭そうだけど(^_^;)
学校での怪談話は聞いた事ありませんが。。。
No title
>アンナママさん

楽しかったですよ。ノリの良いダンス系の曲ばっかりかかっていました。が、重低音のリズムに合わせて心臓がバクバクしてました〜、年だなぁ、、、
頬キス、やはり珍しいんですかね?そう、めんどくさいというよりも、そこに入って行くまでの疎外感はハンパないです。
怪談話、やっぱりないんですかね?じゃなきゃあんなに大喜びで真っ暗な校庭や駐輪場で遊びませんもんね。これはやはり流行らせるべきでしょうか(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。