09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

バレンタインデーも近い2013・その2/Jamart

2013/02/04

バレンタインデーまで様々なチョコレートを紹介する、バレンタインデーも近い2013の第2弾目は


く、くらい。。。



Jamartのチョコレートです。
1992年創業の比較的若いお店ですが、以前はアトミニウムの近くにあって、立地条件がイマイチだっただけでなく、購入のためにドアのベルを鳴らして開けてもらいチョコレートを選ぶ、という味わうまでに重いドアが立ちふさがって、外観といい雰囲気といい、ちょっと一見の観光客にはハードルが高いため、紹介しにくかったお店です。
が、現在、中央駅のすぐそばに店舗が出来て、気軽に覗けるようになったので、改めてご紹介です。

中央駅をグランプラスとは反対側の出口を出てすぐ、ショッピングアーケードとは名ばかり?というほど薄暗いショッピングギャラリーの中に位置するお店は、これを目的でなければなかなか気づかないような地味なお店です。
ショッピングギャラリー自体がまるで昔のホテルの入り口のような、寂れた重厚さで、こんな所にギャラリーというものがあることすら知らない人が多いかもしれません。
入り口に極小のカルフールがあるので、そこだけ入っておしまいというビジネスマンがほとんどかも。

そんなお店のチョコレートは、

大きいけど美味しい



実は我が家の子どもたちが一番好きなチョコレート。
口に入った時のとけ具合やなめらかさ具合と、チョコレートの甘いものからビター系までの揃い具合が良いんですとな。

でも、確かに食べやすく、くどさや冒険にあふれたプラリネではなく、伝統的なおいしいチョコレート、という感じです。
どちらかというとナッツ系の味が強い傾向があるかもしれません。
日本人向けならマジパン抜きでお願いしたり、EUの星ロゴの入ったものを詰めてもらうと、よりお土産向きになるかと思います。

ちなみにお店のご主人もいつもにこやかなすごく良い方です。
そういえば店舗写真の暗さからも分かるように、実はこの日は定休日。
にもかかわらず、ウィンドウを覗き込んでいたワタクシと鉢合わせしたお出かけ予定のご主人、わざわざ5分だけお店を開けてくださいました(笑)

Jamart
Galerie Ravenstein 8
1000 Brussels
Tel:02.511.9767
Open:7h30〜18h(月〜金)土、日休み
注文して営業時間外に受け取りも可



23:29 チョコレート | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。