09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

バレンタインデーも近い2014・その3/Corne Port Royal

2014/02/06

連日の雨ですっかり引きこもりになっている今日この頃ですが、まだまだあるあるチョコレート。
9年目に入った、A級B級に関わらずチョコレートを紹介するバレンタインデーも近い2014」、3弾目はCorne Port Royalです。

実は、コルネのチョコレートは自宅用に購入することはほぼありません。
美味しいのですが、なにぶんワタクシにはすごく甘く感じて、粒の大きさも大きめということもあり、ビター系のものを少量だけ派の我が家では、自宅に買い置きするチョコレートとは少し違う感じです。
でも、その甘さと大きさが良いというファンの方もたくさんいらっしゃるので、あちこちでお店を見つけることが出来ます。観光客、ベルギー人問わず常に人の出入りがあり、固定のお客様がついているお店です。

そんなコルネですが、ベルギーらしいチョコレートということでこれ。

これぞベルギー

Corne Port Royal社とBrewery Timmermansのコラボレーションです。
Timmermans醸造所といえば元は1702年創業の老舗中の老舗の醸造所。
ランビックビールが有名で、特にサクランボを加えたクリークビールといえば、必ず名前が挙がる会社の一つです。

そんな醸造所のビールとチョコレートのコラボは、ミルクチョコ+クリーク、フォンダンショコラ+白ランビックなどといった組み合わせ。ウィスキーボンボンとはまた違った味わいに、おぉこんなのもアリか、、、と目からうろこ的なチョコレートなうえ、チョコレートとビールというベルギーならではの組み合わせは、お土産やプレゼントにも良さそうです。賞味期限も長いし。

ヨーロッパらしい雰囲気を味わうなら、間違いなくグランプラス近くのギャラリー内の店舗がお勧め。
ショッピングギャラリー内の他の店舗のショーウインドウももちろんですが、店舗内のステンドガラスを使った照明や手すりの曲線具合など美しく、歴史を感じさせてくれます。ただ店員さんの態度は非常に悪いです(笑)

23:02 チョコレート | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。