09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

バレンタインデーも近い2015・その3/Meert

2015/02/06

本日から3日間、ブリュッセルではSalon du Chocolat開催中です。私も負けずにチョコレート紹介中。
さてバレンタインデーまで色々なチョコレートを紹介する、バレンタインデーも近い2015年版の第3弾は

meert

Meertです。
こちらはスイーツ好きなら多分ご存知の、フランス北部ベルギーの国境近くの街、Lilleにて1761年創業のお店。
ブリュッセルには去年かな?グランプラス近くのギャラリーにオープンしました。
このお店を有名にしているのがゴーフルですが、同じゴーフルでも、ブリュッセルワッフルでもリエージュワッフルでもない、薄焼きの生地の中にクリームを挟んだ全く違うタイプ。
ここの冬期限定のマロンがおいしいと聞いて、いそいそと買いに出かけたついでに購入したのがこちらのチョコレートたち。

DSC01401.jpg

ブリュッセルの店舗ではシンプルなスクエアのプラリネばかりですが、産地別、定番タイプ、フルーツを使ったもの、花のフレーバーもの、スパイスを使ったもの5種類に分けられています。
その中からお店の方のお勧め+個人の好みでチョイスしたチョコレートのお味はというと、、、
純粋に美味しいです。
どちらかというと、ビターはビター、甘いものは控えめながらきちんと甘く、その差が他のショコラティエよりもはっきりしている感じです。
ビターは口の中に苦みが長く残るのが、好き嫌いが別れそうですが、私的には断然アリです。
ただ、各フレーバーの風味が若干弱く、チョコレートに負けているかなと思うことも。風邪っぽかったからからもしれませんが、ここが個人的にちょっと残念だったところ。
パッケージ自体も可愛いし、女性向けのプレゼントにはぴったり。賞味期限が短い(約15日)というのも好印象。
お店自体もすごく可愛く、特にチョコレートを入れてあったショウウインドウは自宅に欲しいくらい素敵でした。

チョコとゴーフルで頭はいっぱいでしたが、店員さんの印象は良かったし、生キャラメルやパートドフリュイもあるようなので、近々再訪したいお店です。

Meert Bruxelles
Galerie du Roi 7
1000 Brussels

21:23 チョコレート | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。