09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

バレンタインデーも近い2015・その10/Didier Smeets

2015/02/14

バレンタインデー当日ですが(といっても実はかなりの後日投稿ですが。。。)、今年のチョコレートはどちらを購入されましたか?
ワタクシが今一番食べてみたいチョコレートは「ブラックサンダー」。実はまだ食べたことがないのですよ〜。1個数百円のチョコレートは簡単に食べられるのに、数十円のチョコレートを手に入れるのがこれほど難しいとは。。。

さてさてバレンタインデーまで色々なチョコレートを紹介する、「バレンタインデーも近い2015」の最終日は、将来有望株として個人的に注目しているこちら、Didier Smeetsのチョコレートです。

DSC01414.jpg

ブリュッセルからは遥か遠く、オランダの国境の目と鼻の先、さらに反対側の目と鼻の先はワロン地域との地境になり、リエージュからは20分足らず、Voeren(仏語ではFourons)にあるショコラティエです。
ベルギーのある媒体でこちらのチョコレートを見かけてから、ずーと気になっていたお店でした。
そんなお店での好みのタイプ8個を詰めて頂いたチョコレートはこちら。

DSC01415.jpg

サイズ的には大きすぎず、小さすぎず、今主流のスクエア、半球形タイプのチョコレート。
紹介されていた媒体でもお勧めしていたのは塩キャラメルですが、もちろん美味しゅうございました。
その他も、展開している種類はさほど多くありませんが、どれも食べやすく、嫌いな人はいないんじゃないかなというような、あまり個性や冒険性を主張していない、なんとなく人柄が見えてきそうなチョコレートです。
あまりにも普通そうですが、普通のものが美味しいというのは実は難しいことではないかと。(実際、名前が必ず上がるような有名なショコラティエでも普通のものがさほど美味しくないところは結構あるし、、、)
まだまだ周知されていないのが非常に残念です。

そして味の他に個人的に押したい理由がもう一つ!
ウェブページか画像検索を見て頂くと分かるのですが、イケメンなのですよ、これが。
実物のご本人は写真より若干年齢を重ねて見えますが、まだお若いこともあり、他のベルギーのショコラティエの方々のようにご立派な厚みのある体型ではなく、比較的ほっそり(といってもウェブの写真よりはちょっと体重が増えているような。。。)。
多分、日本人女性が好みそうなヨーロピアン的外見、体型に恵まれていて、マーケティング次第では日本のバレンタイン市場で十分に通用するのでは、と思っているのですが、いつか登場する日が来るのかしら。。。?

メインのお店は一応オランダ語圏ですが、町の立地条件から公式言語のオランダ語に加えフランス語でも正式書類作成や手続きが出来る特別市町村の一つ(注;ベルギーは他言語国家のため、各自治体ごとに公式言語があり、書類などはすべてその言語で発行されます。が、言語境にある市町村は特別に公式言語+他言語使用が決められています。ちなみにブリュッセルの公式言語は始めからフランス語とオランダ語)ということもあるのか、彼自身は「オランダ語はあまり得意ではないのですが」と、はにかみながらおっしゃっていましたが、その反応がまた可愛いのですよ。
娘に「ママ、おばちゃんになってるよ」と言われながらも、心の中で「応援してます!」と叫んでいたワタクシなのでした。

さてさてチョコレート紹介2015年版は今回で終了です。
今年のチョコレートたちはいかがでしたか?
来年もまた色々なチョコレートを紹介出来るように新規発掘を頑張ります。


14:09 チョコレート | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。